中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

結論として、中国には生物兵器を作成するために必要な技術、設備、および生体材料がすべてそろっていたということになる。 論文を批判した者たちは、HIVが挿入されたと仮定しても、新型コロナウイルスにはヒト免疫系を傷つけることはできないと主張した。

中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

— DD UNIT 防災~対テロまで。

13
中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

さらに、この恐怖を煽るかのように「新型コロナウイルスは中国の生物兵器が流出したものだ」という陰謀論がまことしやかに囁かれている。 中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。 — Lijian Zhao 赵立坚 zlj517 趙立堅氏は、3月11日に米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長が米下院聴聞会で「インフルエンザ感染者の中に、新型コロナウイルス感染者が混じっていた例があったと思われる」と発言したことをとり上げ、次のようにツイートした。

中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

張氏は、他の民族を殺害する生物兵器について述べているのだ。 ではコロナウイルスは、どのようにして人間をターゲットにするのでしょうか? 以下は、イギリスの総合学術誌『ネイチャー』に掲載された論文です。 また陰謀論を裏付けするとされる論文は、最初に学術ソーシャルネットワーキングウェブサイトResearchGateに投稿され、その後すぐに削除されている。

15
中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

こういうものを「遺伝子操作で改変していた」ようなのですね。 杜氏はこれまでも、1979年に旧ソ連・スべルドロフスクの研究所から炭疽菌が漏れ、多くの市民が死亡した実例などから、 「研究施設から病毒が漏れることはよくある」としてきた。

中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

確かに生物兵器として危険な病源体やウイルスを培養するのだとしたら、 つくる側は同時にワクチンや抗毒剤を大量に準備しないといけない」としつつも、 「私見では新型ウイルスは実験、研究の途中で、何らかの不手際が発生し、武漢の研究所内から外部に漏れたのではないか。 中国では過去にも似たような研究所事故が発生している。 この新型ウイルスに関しては、あまりの強力な感染力に日々驚いていますけれど、もしかすると、これもまた周氏の手によって「改変されてこのような感染力になった」部分もあるのかもしれないと思ったりもします。

18
中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

周氏は、研究の一環として、自然免疫を克服したコウモリの変異したコロナウイルス株を研究した。

9
中国 生物 コロナ ウイルス 兵器

コロナウイルスの遺伝子研究を行ったどこかの機関が、コロナウイルスの遺伝子の中にHIVウイルスのDNAが検出されたらしい。 具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。 ボイル教授は1989年の米生物兵器テロ対策法の起草者という触れ込みだったが、専門は国際法であり、ウイルス学の知識はない。

16