おこわ 五目

山菜おこわ• 具の汁の残り具合を見ながら、醤油20cc(分量外)と水400cc(分量外)を加えて混ぜる。 に、ごま塩を振り提供する。

おこわ 五目

鶏おこわ• 昔はもち米は貴重品であり、もち米を蒸したおこわは慶事や祭り、など晴れの日しか口にすることができない祝いの席のご馳走であった。

3
おこわ 五目

4で味付けした具と汁、5で湯がいた人参、かまぼこ、6で蒸したもち米を大きめの器でまんべんなく混ぜ合わせる。

おこわ 五目

古くは糯米(もちごめ)でも粳米(うるちまい)でも、蒸したものを強飯といい、十分な水を加えてて炊(かし)いだものは弱飯(ひめ)または姫飯(ひめいい)と言った。 母直伝のメモ書きです。

おこわ 五目

炊飯器だとベチャっとしてしまいがちなおこわ。 こんにゃくは一度ゆで、しいたけと同じくらいの大きさに切る。

9
おこわ 五目

蒸し器を使うとベチャつかずモチモチに仕上がります。 蒸し器を使うとベチャつかずモチモチに仕上がります。

14
おこわ 五目

蒸しあがったおこわを盤台に移し、で切るように混ぜる。

おこわ 五目

小豆の代わりに黒豆を用いたものはとも呼ぶ。 なお、「炊(た)く」は、「赤飯(強飯)を炊く」のように、蒸すことも含むことから、区別するため「炊(かし)ぐ」とする。

14