筋交い

そうすると、斜材を連続して設ける場合、1. 木造では筋交いですが、鉄骨造などでは「ブレース」といいます。

4
筋交い

まず枠の縦と横を測ります。 施工面でも中心部にきちんと釘を打っているか、きちんと納まり良く施工されているか(多少難しいらしい)、というもう少し突っ込んだ検討が必要。

12
筋交い

そこで、建物の横から来る力を支えるための耐力壁(耐震壁)を効果的に使うことが必要となります。 構造用合板などの面材耐力壁では、軸組工法の場合150mm間隔で釘を打っていき、その数は階高2.8mの建物では68本にもなります。 たくさん撮った写真を使いたいので、順番に解説していきます。

1
筋交い

木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。

4
筋交い

まだ10棟くらいしか見てないから全体的にそうじゃないのかもしれないけど。 まとめ 筋交いとは、耐震、耐風などのために補強のために入れる建築資材です。

18
筋交い

通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが 105ミリ角の通し柱も使用しているようです。

4