利尚 長井

2012年、内田氏が社長を退任すると、冨士夫氏がキヤノン社長に復帰した(会長兼社長)。

20
利尚 長井

しかしながら、近年のキヤノン製品には、昔日のキヤノン製品に備わっていた魅力が感じられない。 歴史あるカメラメーカー・ニコンですら遁走したこの「戦場」で、2強は今後も生き残ることができるのか。

利尚 長井

経営コンサルティングの流れ 1. 碓氷峠で朝一番の列車を撮影して高崎に戻り、撮影済みのリバーサルフィルムを 持って高崎から新幹線に乗り、都心のプロラボに現像を依頼していた(高崎から都心の大学まで、4年間新幹線通学していた)。 2014年9月 「Rail Magazine 374号」「JR東日本の115系電車について」に写真掲載(83頁)。 1997年8月 「Rail Magazine 169号」表紙および巻頭カラーグラフに見開き(18-19頁)で写真掲載。

8
利尚 長井

そのため、高級コンデジは、パナソニックなどにもあるものの、キヤノンとソニーの2強が激しい抗争を繰り返す、壮絶な「戦場」となっている。 「仁義なき戦い」の行方を、今後も注視していきたい。

2
利尚 長井

「QV-10」以前にもコンデジは存在していたが、背面液晶パネルがなく、撮影した写真をその場で確認することができなかった。 キヤノンは7月9日、1インチセンサーを採用した高級コンパクトデジタルカメラ(以下、「コンデジ」と略す)「PowerShot Gシリーズ」の新製品「PowerShot G5 X Mark II」、および「PowerShot G7 X Mark III」を8月上旬に発売することを発表した。

12
利尚 長井

1987年、本格的に鉄道写真撮影を開始。 1997年8月 「Rail Magazine 169号」表紙および巻頭カラーグラフに見開き(18-19頁)で写真掲載。

14
利尚 長井

と、を見比べていただきたい。 それ以降、2013年に2代目の「RX100 II」、2014年に3代目の「RX100 III」と「RX100シリーズ」に新機種が加えられていった。 7代目が、8月30日に発売予定の「RX100 VII」である。

11
利尚 長井

2006年、冨士夫氏は、日本経団連会長に就任し、キヤノン会長になった。

2
利尚 長井

1979年 9月 神田須田町にあった交通博物館に通い始め、年間4回程度のリピーターになる。 その結果、「PowerShot G7 X Mark III」と同時発売になる「PowerShot G5 X Mark II」は、先代の一眼レフ風のかさばるEVFを捨て、キヤノン初となるポップアップ式のEVFを採用し、「RX100シリーズ」を本気で潰しに来たようだ。 しかし、その上位機にあたる「PowerShot G5 X」は、販売が奮わなかったようだ。

2