づつ 少し ずつ

濁点の付け方を悩んでしまう文字の直前にある平仮名に「ち」や「つ」が使われている場合は、「ぢ」や「づ」を使った方がいい言葉かもしれません。 このため「つ」という平仮名が二つ続けられたわけです。

3
づつ 少し ずつ

) ただ、昭和61年「現代仮名遣い」(上記21年版の改訂)で、「ずつ」を本則とするが「づつ」も 許容されることになりました。

15
づつ 少し ずつ

ちなみに、その決めた方とは『文化庁』です。

19
づつ 少し ずつ

参考にしていただけるとうれしいです。

11
づつ 少し ずつ

正確な表現は「ずつ」だけれど「づつ」と書く自由も与えたということですね。 そして古語では「づつ」と用いられていました。 「はなち」とは発音しません。

14
づつ 少し ずつ

ちなみに、「づつ」に限らず 「づ」というひらがなは基本的には歴史的仮名遣いでしか用いられませんが、それには2つほど例外が存在します。 しかし、「ずつ」と「づつ」の表記の仕方については昭和61年(1986年)に出された内閣訓令で次のように告知されています。

17
づつ 少し ずつ

表記の慣習による特例と書かれていますが、本則というルールがあって、それに付随する様々な例外があることがわかります。 。 (笑) 日本には、現代の国語を書き表すための 仮名遣いの土台として、文化庁が 「現代仮名遣い」を定めています。

2
づつ 少し ずつ

神野「ものすごく感動しました。 「づつ」は日本で昔から使われてきた歴史的仮名遣いです 「ずつ」が現代仮名遣い、「づつ」が歴史的仮名遣いということはわかりました。

13
づつ 少し ずつ

まとめ 「少しづつ」と「少しずつ」の意味は全く同じです。 ですがそれ以外の場面では「いたづら」と表現しても許容されます。

12