佑子 吉見

『東京ゆきずりライフ』、9月• 吉見 佑子(よしみ ゆうこ、本名:吉見裕子、 - )は・・・。

佑子 吉見

最終オーディションで落ちるが、審査員のの紹介で・のレッスンに半年間まで通い、・ソングの仕事に関わる。 『東京ゆきずりライフ』、9月• 極端な負けず嫌いで、義務や他人の尺度には合わせず、納得しないうちは動きません。 (ANB) - スーパーバイザー• マネジメントのゴタゴタに翻弄され事務所に内緒でディレクターがレコーディングを敢行、そのため完成しても発売許可が下りずにお蔵入りさせられた。

11
佑子 吉見

『芸能界でコーヒー・ブレイク:私の音楽評論はラブレターだった』、12月• 、活動の場を東京に移す。 、自らが代表となって「」を発足させる。

12
佑子 吉見

『ペパーミントは涙の味がする』、9月• 「Don't Cry My Love」歌:、作詞:長渕剛・吉見佑子、作曲:長渕剛 出演• 「Don't Cry My Love」歌:、作詞:長渕剛・吉見佑子、作曲:長渕剛 出演• 「Don't Cry My Love」歌:、作詞:長渕剛・吉見佑子、作曲:長渕剛 出演 [編集 ]• この当時のRCサクセションは、連日のようにこんな感じのライヴをやっていた。

3
佑子 吉見

若いこだま(NHK-AM)• を皮切りに、、()、、など、しばしばブレーク前の多くのミュージシャンに注目し、や、、中高生向け学年別雑誌に至るまで、様々なを通じて積極的に紹介した。

11
佑子 吉見

ライブの観客も増えたRCサクセションは完全に軌道に乗り始めて、その後の日本のロック・シーンをリードしていく存在となっていく。 ガムを噛んで。

11