久秀 子孫 松永

もくじ• 松永久秀は、信長包囲網の一角である石山本願寺の顕如に援軍を要請する為、森好久を使者にしたところ、加賀鉄砲衆200名の援軍と共戻ってきました。 【最期】 松永久秀・久通父子は自害しました。 それらの情報を総合するに、久秀は「実務においては優秀な人物だが、心根としては信用できない強欲な人物」として評価されていたようです。

1
久秀 子孫 松永

松永久秀は、その出自からは考えられないほどの 教養人でした。

20
久秀 子孫 松永

しかし天正5(1577)年、 久秀は突然にまた信長を裏切ります。 松永貞徳 父は、松永永種と言い、松永久秀の子、又は甥とも云われていますが、疑問視する声もあります。 その後劇的復活を遂げた久秀はんは再び力を取り戻すべくバリバリと戦います。

8
久秀 子孫 松永

さらに三好長慶が亡くなってからは、主家をしのぐほどの実力をつけた松永久秀がその他の三人衆なる人たちと一緒に三好家を盛り立てます。 そして1565年。

12
久秀 子孫 松永

二つ目は将軍暗殺。 エレガントなデザインである蔦紋を使う松永久秀の美的センスがうかがえます。 久秀の裏切りの理由も謎ですが、信長の考えもよくわかりません。

7
久秀 子孫 松永

松永久秀の子孫は太田光代さん 松永久秀の子孫・末裔と称しているのが、太田光代さんですね。 ただ貞徳自身は、父永種は久秀のはとこ!としているので、おそらく貞徳と久秀は遠い親戚であり、子孫ではないでしょう。

5
久秀 子孫 松永

この時の織田信長軍の総数は4万兵とも推測されています。

20