動乱 カストロプ

シェーンコップはキルヒアイスに名を尋ねているが、答える寸前に爆発に遮られ、両名共にその場を離れている。

7
動乱 カストロプ

あれは何だ? 「どれに攻撃を仕掛けてきたのだ」 「それが、十二個の衛星全てに対してあれと同じものが向かっています」 「十二個?」 何を考えている? いや、あれは何だ? 「あれは何だ? 誰か答えよ」 「……」 「誰も判らんのか、この役立たずどもが!」 スクリーンが作動し、あの物体を拡大投影した。

動乱 カストロプ

フレデリック・ジャスパーが援軍として駆け付け、撤退する帝国軍に撃ち一矢報いたものの、コープを見殺しにしたのではないかという疑惑が立ち、それを信じたコープ夫人がジャスパーを非難している。

3
動乱 カストロプ

(まあ、不機嫌なのを隠してはいるが無表情なのも不気味だな) 「はあ。

11
動乱 カストロプ

「今回は何と?」 「今回もカストロプの叛意を認めながら軍部としては動かないらしい。 とき同じころ、帝国元帥となったラインハルトは自らの元帥府を開き、帝国軍にあって少壮気鋭の艦隊指揮官たちを招集していた。 いかなる意味でも彼に危害を加える事は許されない」 私の言葉にマクシミリアンはホッとしたような表情を浮かべている。

1
動乱 カストロプ

この敗戦により同盟軍は慢性的な兵員不足に陥り、戦力が大幅に弱体化した。

2