ドイグ 展 ピーター

まずはがっつり肉。 トロントでの彼の生活は乱れていて、学校には殆ど行かず、友人と一緒に音楽とドラッグを楽しんでいました。

5
ドイグ 展 ピーター

それが生じるように彼の絵画は作られている。 今回の展示でも、ピーター・ドイグが直々に「この並びにしたい」と言ったのだそう。

ドイグ 展 ピーター

「言語化できないアートがやりたい」 章の最後、のんちゃんの解説から、ピーター・ドイグのこんな言葉が読まれました。

5
ドイグ 展 ピーター

ドイグはダミアン・ハーストなど大型のインスタレーションを制作するアーティストが多かった時代に、あえて絵画というオーソドックスなメディアに向き合い続けてきました。

ドイグ 展 ピーター

カラフルな色使いや素早い筆致からドイグが楽しんで描いているのが伝わってきます。

12
ドイグ 展 ピーター

「ピーター・ドイグ展」のみどころ 出典: わたし的「ピーター・ドイグ展」のみどころを5つ紹介します。

ドイグ 展 ピーター

この絵の持ち主はカナダの刑務官で、ドイグが刑務所に入っているときに、彼から絵を購入したと主張していました。

6
ドイグ 展 ピーター

「のまれる」はチェルノブイリ原発事故の後に描かれ、風景の中に美しさとともに毒性を見いだすような感覚を意識したそうです。 左にゆらりと吉良吉影のスタンドがいます。