て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

いただきます』としらす丼を前にして幸せそうな二人。 でも大した出来事があったわけではないんだよな、と。

7
て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

それはなに一つ特別じゃないわたしと向き合ってくれる、関心と愛情」「この人は孤独や人が分かり合うことの難しさをじゅうぶんに知っている。 『さくさく軽くて、まわりはホワイトチョコなのに全然しつこくない』というお菓子を食べて笑顔になる知世に、目で笑う椎名。

11
て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

『「今夜うちで蟹鍋でもしませんか?」と椎名さんから誘われた』のは主人公の石井知世 いしい ちせ。

1
て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

確かに三十代という年代は、若いとは一概には言えなくなり、そうは言いつつも、人生の基盤を固めていくことを否がうえにも求められるそんな時代なんだと思います。 限られた時間の中にいる男女の行く末を描いた、渾身の恋愛小説。 『まだ肌寒い春の朝』の『ベッドの中でしばし迷った』知世。

て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

主人公・知世が出会った椎名さんは年上でいい人だけど、HIV感染者だった… 恋人が治らない病気だと知っても、愛する勇気があるのか、問い掛ける作品。 でも、食事を通して2人の中が深まり、見えない何かの距離がグッと近づいたのは確かだと思います。 『もうじきできるから』と『台所で蟹を解体していた』椎名。

15
て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

2001年『シルエット』で第44回群像新人文学賞優秀作、03年『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞、15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞、18年『ファーストラヴ』で第159回直木賞を受賞。 しかし2人で病気と向き合っていくことにして、進んでいく話。

14
て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

春から付き合っていくことになった知世と椎名。 冒頭にも書いたけれど、この小説が死ネタじゃなくて本当によかった。

7
て と にし を 手 は 薬 の たち フォーク わたし 銀

その後2人は入籍して…結婚式を…とかそういうその後のことは読者に委ねてくれている書き方がとても好き。