一乗 谷 越前

信長は本陣より自ら1,000人の手兵・馬廻のみを率いて軍を返し、朝倉方が守る大嶽砦を奇襲した。

一乗 谷 越前

現在でも、、空堀、堀切、竪堀、土塁や伏兵穴跡などの遺構が尾根や谷筋に沿って残っている。

10
一乗 谷 越前

また称念寺は街道沿いに位置し、他国からやって来た人間が住み着きやすく、その点でも説得力がある。

11
一乗 谷 越前

敦賀郡と大野郡にはそれぞれ郡司が置かれ、当主一族の最有力者がその任にあたりました。 戦乱を逃れて多くの文化人が居住したこと、独自交易で貴重な海外製品を入手するルートを持っていたことなど、文化・経済が充実する基盤が整っていました。

一乗 谷 越前

そちらは、の方で写真も掲載させて頂いております。

1
一乗 谷 越前

一乗谷には朝倉から織田についた前波吉継(桂田長俊)が守護代として入りましたが、1574年(天正2年)の越前一向一揆により討死。

1
一乗 谷 越前

志賀の陣、義景と信長の講和成立。

2
一乗 谷 越前

中の御殿の南にあるのが跡で義景の室、小少将の屋敷跡と伝えられる。 出入り口は、唐門が建つ西側の正門のほか、北門と中門があった。 5代義景まで朝倉氏は越前を中心に北陸の雄であった。