説明 マップ 事項 重要 ハザード

実際のご案内で現地に行って土地の説明を行うわけですが、マップを提示することにより「やっぱり怖いからやめる」という方が出てもおかしくない状況です。 施行日は8月28日。

20
説明 マップ 事項 重要 ハザード

エントランスから流れ込んだ水が地下の電気系統を壊してエレベーターが動かなくなったり、停電により断水が発生しました。 そのような意味で不動産の取引時に、仲介業者がハザードマップを提示し説明することは、当然の業務であったといえるのです。

1
説明 マップ 事項 重要 ハザード

宅建業者が不動産取引時に説明を義務化される「重要事項説明」とは? 宅地建物取引業法では、宅建業者は不動産の売買契約を締結するまでの間に、購入予定者に対して購入物件にかかわる重要事項の説明をしなければならないと定めている。 説明の具体的な方法としては、ハザードマップを示しながら、取引対象となる物件の位置を示す必要があります。

説明 マップ 事項 重要 ハザード

なお、奈良市域の区域指定は土砂災害防止法に基づき、奈良県県土マネジメント部砂防・災害対策課が指定しています。

説明 マップ 事項 重要 ハザード

さらに詳細な内容として、国土交通省は、本改正に関する を発表しています。 不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明することを義務づけるよう改正された。 【新たに加えられる施行規則(施行規則第16条の4の3第3の2号)】 水防法施行規則第11条第1号の規定により当該宅地又は建物が所在する 市町村の長が提供する図面に当該宅地又は建物の位置が表示されているときは、当該図面における当該宅地又は建物の所在地 水防法施行規則第11条第1号が重要となりますので次をご覧ください。

2
説明 マップ 事項 重要 ハザード

・水防法に基づき作成された水害(洪水・雨水出水・高潮)ハザードマップを提示し、対象物件のおおむねの位置を示すこと ・市町村が配布する印刷物または市町村のホームページに掲載されているものを印刷したものであって、入手可能な最新のものを使うこと ・ハザードマップ上に記載された避難所について、併せてその位置を示すことが望ましいこと ・対象物件が浸水想定区域に該当しないことをもって、水害リスクがないと相手方が誤認することのないよう配慮すること ハザードマップは、取引対象となる不動産のある市町村のホームページから入手できます。