予想 回復 コロナ 景気

コロナ後の景気を見通す 株の世界だけでなく日常生活でもよく話題に上る「 景気」ですが、具体的には、経済活動全般の動向のことを意味します。

11
予想 回復 コロナ 景気

32倍。 5月に発表された2020年3月の一致指数は前月比5. 新型コロナウイルスの経済的打撃の大きさ (はじめに。

予想 回復 コロナ 景気

上期中に本当にコロナが収束するのか?に注目していきたいと思います。

13
予想 回復 コロナ 景気

リーマンショックでは金が回らなくなって経済が停滞しましたが、今回はハード的に(物理的に)人の移動や交流が制限されて経済が停滞しました この打撃の大きさがどのくらいだったかは、コロナウイルスが早期に収束したとして今年の9月決算で見えてくるかと思います この 9月決算を受けて市場どのようなマインドになるかがポイントだと考えています コロナショックがリーマンショックと大きく違う点 リーマンショックでは、リーマンブラザーズの破綻がきっかけでお金の流れが止まりました そしてリーマンブラザーズ以外にも同じような企業があるのでは無いかと皆疑心暗鬼になり、金融市場を中心に混乱を発生しました 最終的には人々の雇用や給与・購買意欲に大きな影響を与えて経済停滞を招いたと考えています つまりリーマンショックでは、目に見えない不安が実体経済へ影響を及ぼしたというイメージです 一方でコロナショックは原因は明白です 新型コロナウイルスのせいであり、これを克服する免疫を人間が持つor対応できるワクチンが開発されて行き渡れば、もう心配する必要はありません 今回は原因ははっきりしていて、回復した状態もイメージができます この点は、コロナショックとリーマンショックは大きな違いだと思います なので 場合によっては、あっさり回復するという可能性もある と考えています コロナ終息後の経済は?自分はこう思う リーマンショックの時は、株価が大きく下がったからと言って対して生活に影響は無いと思っていたのですが、人間の心理というものは非常に影響が大きく、結果実体経済に影響を及ぼしました 特に印象的だったのが、2点ありました• (3)世界的な第2波の襲来により、2021年1~3月期の景気回復は非常に緩やかになる。 その後、先進国のGDPは22年まで19年第4四半期の水準を下回るものの、回復を見込んでいる。 なぜなら、株価は企業の価値によって決まるからです。

15
予想 回復 コロナ 景気

11人のエコノミストに予測してもらった。 図の「PL問題」とは、この期間に起こるであろう「欠陥商品」の問題、「BS問題」とは財務状況の悪化の問題だ。

1
予想 回復 コロナ 景気

そこで、コロナバブルがいつまで続くのか、現状を整理しつつ予想していきます。

予想 回復 コロナ 景気

(図表2)新しい生活様式下での消費傾向(新生銀行作成)=伊藤篤氏のリポート たとえば、こんな案配だ。 これによって 経済活動が停滞する可能性があり、もしそうなれば、株価にはマイナスの影響が及ぶのです。

20