デイズ ターボ 日産

併せて、「J」・「S」・「ハイウェイスターJ」・「ハイウェイスターG」・「ハイウェイスターGターボ」には、エマージェンシーブレーキと踏み間違い衝突防止アシストのセットオプションを新たに設定した。 セレナやエクストレイルなどに搭載される、プロパイロットが軽自動車で初採用されたこともトピック。 後席を一番後ろにスライドした状態でも385mmの前後長を確保しています。

2
デイズ ターボ 日産

そうした沈滞ムードを払拭(ふっしょく)する起爆剤になってくれたら……と、期待したくなるのが、日産自らが「自身で開発を行った初の軽自動車」と紹介する新型デイズシリーズである。 メンテナンスパックやコーティングは付けませんでしたが値段は頑張ってくれました。 6万円 新型「デイズ」の標準モデルが実現するフットワークの軽い走りや、ターボエンジンを搭載するハイウェイスターのパワフルな走りを持続させるには、装着するタイヤの状態は良好であることが理想的です。

10
デイズ ターボ 日産

。 だが、CVTのよさは効率にすぐれた回転域を使い続けられることにもある。

13
デイズ ターボ 日産

オートクルーズコントロール• スリーダイヤモンドの姉妹車は「eKスペース」だが、むしろ「『ホンダN-BOX』がガチなライバル」と言った方がわかりやすいかもしれない。

7
デイズ ターボ 日産

おすすめのオプションを1つ教えてください 軽自動車初となる9インチナビ「日産オリジナルナビゲーション MM318D-L」です。 。

11
デイズ ターボ 日産

CDナビ• 気持ちいい加速を意識した味付けで、発進加速、応答レスポンスともに鋭い。 内装ではシャルドネホワイトとマルサラレッドでカラーコーディネートしたレザー調シートを採用し、運転席・助手席バニティミラーを装備。 ハイウェイスターは運転席SRSニーエアバッグシステム、後席ロードリミッター付プリテンショナー、LEDフォグランプを新規採用して標準装備するとともに、従来はオプション設定だったSOSコールが標準装備化された。

13
デイズ ターボ 日産

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。 なお、プレミアムサンシャインオレンジメタリック(特別塗装色)、オーシャンブルーパール、スパークリングレッドメタリック、プレミアムオリーブメタリック(特別塗装色)は4代目eKワゴンには設定されないデイズ専用のカラーで、プレミアムサンシャインオレンジメタリックはサンシャインオレンジメタリック、オーシャンブルーパールはライトニングブルーマイカ、スパークリングレッドメタリックはレッドメタリックとして、eKクロスに設定されている。 ボディカラーはモノトーン4色に加え、「ハイウェイスター」とは異なるカラーバリエーション(ブロッサムピンクメタリック、ブラックパール、ソーダブルーパールメタリック・ルーフカラーは全てホワイトパール3コートパール)とした2トーンカラー3色も設定される。

11