改良 法 土地

)に対しその所有者から当該土地改良事業に参加すべき旨の申出があり、かつ、その申出が相当であつて農業委員会がこれを承認した場合にあつては、その所有者、その他の場合にあつては、その農用地につき当該権原に基づき耕作又は養畜の業務を営む者 三 農用地以外の土地であつて所有権に基づき使用及び収益の目的に供されるものについては、その所有者 四 農用地以外の土地であつて所有権以外の権原に基づき使用及び収益の目的に供されるものについては、その権原に基づき使用及び収益をする者が、政令で定めるところにより、その所有者の同意を得て農業委員会に対し当該土地改良事業に参加すべき旨を申し出た場合にあつては、その者、その他の場合にあつては、その所有者 2 前項第二号に規定する農用地につき所有権以外の権原に基づき耕作又は養畜の業務を営む者で土地改良事業に参加する資格を有しないものが、政令で定めるところにより、当該農用地の所有者の同意を得て農業委員会に対しその資格を交替すべき旨を申し出たときは、その資格が交替するものとする。

改良 法 土地

本網站法規資料係由政府各機關提供之電子檔或書面文字登打製作,若與各法規主管機關之公布文字有所不同,仍以各法規主管機關之公布資料為準。

6
改良 法 土地

土地法 日本 [ ]• 第百十一条の二十第一項第三号中「事業報告書」の下に「、貸借対照表」を加える。 4 土地改良区は、総会において決算関係書類の承認の決議があつたときは、農林水産省令で定めるところにより、遅滞なく、決算関係書類を都道府県知事に提出するとともに、これを公表しなければならない。 一 土地改良区の財産の状況を監査すること。

3
改良 法 土地

14 補欠役員は、その前任者の残任期間在任する。

改良 法 土地

)がある場合にはその土地改良施設に係る予定管理方法等その他必要な事項を公告して、その事業の施行に係る地域内にある土地について第3条に規定する資格を有する者の三分の二 (二以上の土地改良事業を併せて施行する場合には、その各土地改良事業 (同項第1号の事業を除く。

5
改良 法 土地

)の規定による公表は、次に掲げる方法によるものとする。

7