再開 百貨店

破産した百貨店「大沼」の旧山形本店(山形市)の土地建物の競売は3日、山形地裁で開札され、山形市の外郭団体「市都市振興公社」が3億8200万円で落札した。

7
再開 百貨店

仕入機構への加盟など [ ] 1959年(昭和34年)の十一店会に加盟以来 、後身の系列のに加盟して商品仕入やワイシャツ券の相互利用などを行っていた。

3
再開 百貨店

公社顧問の佐藤孝弘市長は記者会見で「混乱に終止符を打ち、公共的な団体がいったん腰を据えて検討することが最善策だ」と述べ、商業施設としての利用や再開発を早急に検討していく考えを示した。

4
再開 百貨店

新社長には同日付で取締役の永瀬孝が就任したほか、大沼投資組合から相談を受けた創発ビジネスパートナーの野又恒雄社長や大沼の幹部社員も取締役並びに監査役に就任した。 <> 5月25日から時間を短縮して営業再開。

再開 百貨店

19億円の経常損失となるなど、業績低迷に苦しんだ。 混雑具合によっては入場を制限することも想定している。

20
再開 百貨店

グランデュオ立川 ~当面、食品売場のみ開く。

12
再開 百貨店

昨年11月には八戸市の百貨店「三春屋」を中合(福島市)から取得した。 、ファイナンシャル・アドバイザリー会社、後に破産申請代理人となる弁護士を中心に再建に関する協議が行われることになり、複数の企業にスポンサー支援を打診したが、再生スポンサー候補は最終的に投資会社4社に絞られることになった。

7
再開 百貨店

1月に自己破産手続きに入った山形市の百貨店「大沼」本店の土地、建物を巡り、商業コンサルタント「やまき」(東京)が、所有する山形市の80代男性実業家と売買交渉を進めていることが28日、関係者への取材で分かった。

再開 百貨店

大沼投資組合は、MTMによる再建計画を見直した上で新再建計画を策定し、米沢店を2019年8月15日に閉店するなど、経営再建を図った。 イオンは5月13日から、臨時休業している「イオンモール」の専門店の営業を一部地域で再開する。