まん た 小山田

最終回を除いた全話にがあるのが特徴(いわゆる)であり、無意味に女性キャラは脱がされ、男性キャラは勝手に脱いでいくので、古くからのジャンプ読者からは「『』さえもこれに比べりゃ生ぬるい」という声もあるほど過激な内容であった。 理由としては小山田信茂がずっと武田氏に従っておきながら最後の最後で裏切った事が不忠として反感を買ったのだとも言われていますし、同じ小山田氏を名乗った小山田昌行が高遠で激しい抵抗を繰り広げたからとも言われています。 また、葉王の持霊はの開祖が使役したとされるとになっている。

まん た 小山田

そういえばこの話は最後どうなったのかしら…。 S内のコミューンで展開されたハオと葉達の最終決戦では、他のハオ組のメンバーと同じく駆けつけ、G. 3人の中では年少格だが、非常に高い巫力の持ち主であり3人の中では一番高い。 葉とマタムネを攻撃し、またアンナの精神を追い詰めたが、葉とマタムネに敗れ強制成仏させられる。

9
まん た 小山田

普段は裸マントであり、熱くなるとスピリット・オブ・ファイアを発動してすぐに脱ぐので、力(「巫力」ではない、「腐力」である)によってでは葉やレギュラー陣をさておいて一位になったこともある。 味は「慣れたらイケる」とのこと。 手に持つ拳銃は、過去にアメリカから帰国した大物マフィアが友好の証として先代のボスに贈った物。

まん た 小山田

にしてはと異様に小さく、 を持ったにされかけたこともある。

11
まん た 小山田

趣味は遊び、好物は。 元・教会に属する秘密組織の異端審問官。

15
まん た 小山田

その際の媒介はノートPC、具現化されたオーバーソウルはピコピコハンマーのような物でハオに操られた前鬼と後鬼の動きを止めた。

まん た 小山田

アニメでも原作と同じように殺害されるが捕食されず、モルフィンと八大天使が融合した姿によって成仏した。

1