標識 可変

表示できる標識の数は「単独全反射式可変標識」と同様に2可変であるが、可変方式が「回転式」「上下式」「字幕式」の3方式がある。 道路情報掲示板はなぜ、赤・オレンジ・緑の三色なんでしょうか? 赤が警告、オレンジが注意、緑で通常の情報と分けて表示されています。 このとき、可変標識に背板を設ける際の背板の色彩はまたはが用いられる。

4
標識 可変

次のブロックへ移行する直前に境界型標識が設置されており、前後のブロックで規制内容が異なる場合はを用いてその境界型標識の表示を変更させる。

12
標識 可変

河合潔「改正「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」解説」『月刊交通』第16巻第11号、東京法令出版、1985年11月、 66-77頁。

16
標識 可変

「著名地点」はや、やなどの著名地点を案内する場合に設けられる。 このとき、約半数の標識が手動で表示内容を変更するもので、残り半数は機械制御による自動式であった。

標識 可変

道路情報板の大きさは、どのぐらいですか? 様々な大きさがありますが、車のスピードの速い場所に設置するか?どのぐらいの距離から見ることが出来るか?などの観点で決められています。

1
標識 可変

高度の買い物ができる商店街、専門医をもつ病院、高等学校等を中心部に持ち、いくつかの一次生活圏(役所や学校など、基礎的な公共公益的施設のサービスが及ぶ地域)から構成される半径6-10km程度の地域。

2
標識 可変

規制標識や警戒標識などは規格通りに切断された基板や反射シートを用いて製造するが 、一品製作的要素が強い案内標識は素地となる反射シートを貼ってから罫書きを行った上で文字や記号の反射シートを貼り付けるという工程を経る。 「 特定中貨」も含まれる。

14
標識 可変

この改正に伴って、全国でまちまちだった標識の統一が進むこととなる。 都道府県が設置するものと、道路管理者が設置するものがある。 1971年(昭和46年)の標識令の改正では、案内標識の大幅なデザイン変更がなされ、1950年から制定されてきた通称「白看」とよばれる白地に黒字または青字の案内標識は、地色が白から青のものへと替わられ、・英語併記が一旦廃止された。

14