求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

実は困ったことに、時代を遡る『万葉集』にも「竹取翁の物語」がある。 」 この時三日間、宴会を開いて管弦の遊びをした。

7
求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

それは「竹取翁の物語」とも「かぐや姫の物語」とも呼ばれてきた。 ただこの『あふ』は補助動詞的に使われているから『まどひあふ』で一語とする方が妥当か。

14
求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

いかでか、中におとりまさりは知らむ。 翁が言うことには、「私が毎朝毎晩見回っている竹の中にいらっしゃることで、分かった。

10
求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

ここの住民を必ずしもこの地に固定的に考えることはない。 ちなみにそこでは「物語」は「住吉、宇津保」から始まっている。 [現代語訳] 今ではもう昔のお話ですが、竹取の翁と呼ばれるお爺さんがいました。

求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

「さりとも、つひに男あはせ ざらむやは」と思ひて頼みをかけたり。 =翁が言うには、「私の思いと同じ事を仰ることです ね。

求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

=翁は「結構な事である」と翁は承知した。 「燕の子安貝」とは、文字通り 「燕が生んだ」子安貝のことです。 「す・さす・しむ」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。

9
求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

初めは外国産の翻案という考えが有力で、仏典や中国史書などが探索された。 かぐや姫は誰の求婚も受け入れませんでしたが、最後まで残った5人の貴公子は、いつまでたってもあきらめませんでした。 『竹取物語』は作者不詳であり成立年代も不明です。

11
求婚 品詞 帝 の 取 物語 分解 竹

やはり宮仕えはできないということを行って申しあげよう。 ひとつ前はこちら 原文・現代語訳のみはこちら -. それに二題が付加されて、五難題物が仕上がる。