主義 グノーシス

秘密の呪文を唱え、死人を土で再生するのである。 とはいえ、かのニュートンも、晩年、はまった分野だ。

3
主義 グノーシス

日本語では 「深層学習」とも訳されるディープラーニングは、コンピューターのデータ解析、および認識能力を飛躍的に高めるプログラミング手法だ。 カタリ派の源流、知識を信奉するグノーシス主義では、偽神デミウルゴスが作ったこの混沌世界から抜けでるために、「隠された知識」を得ることが、プレーローマへ至る道だとされた。

2
主義 グノーシス

さらに4世紀になると、シモンは グノーシス主義者ではなく単なる魔術師であるとされ、すべての異教徒の父であると考えられるようになります。 このショッキングな分析結果に、世界は凍りついた。

2
主義 グノーシス

また人間が、 このように世界の真実について「無知」であるのは、偽の神デーミウルゴスなどが、 意図して「真の神」の存在等を隠蔽して、人間を無知な状態においているのである と、多くのグノーシス主義の派では考えます。

主義 グノーシス

キリスト教での事例 キリスト教徒においてもこの換骨奪胎は容赦なく行われており、神の子であるとされるも彼ら流のアレンジを受け、下級の創造神であるところの、 、、グノーシス的には悪の神 の子ではなく、 グノーシス主義の奉じる至高者のと位置づけられた。 いろいろ矛盾はあってもここは神のつくった世界だ。

主義 グノーシス

実際、バチカンでは後に「異端審問」を、システムとして制度化するが、カタリ派への弾圧を正当化することがその契機であった。 こうして〈理性〉(ヌース・男性)と〈真理〉(アレーテイア・女性)というアイオーンが生まれた。

主義 グノーシス

したがって、グノーシス主義の救済は、きわめて個人的なものだといえる。 程度の差はあれ、人は自分の生存条件と、それを規定する法に従うことになる。

主義 グノーシス

その様子は酸鼻を極めた。

1