等 分布 片 持ち 荷重 梁

【問題289】 図の場合、AB、BCに生ずる応力と、B点の垂直変位と水平変位を求める。 【問題43】 地上から高さH[m]のコンクリートのタワーを設計する。 単位体積当たりの重量をw、弾性係数Eとする。

3
等 分布 片 持ち 荷重 梁

【問題296】 図のように直径が異なる円柱の両端に荷重Pが作用するとき、Aからxの位置に生ずる応力と全体の伸びを求める。

等 分布 片 持ち 荷重 梁

4 cm となります。 円筒軸の片端は剛壁Aに固定されている。 しかし、建築物などでは、 1 の壊れないように設計するという問題は楽々クリアできるが、 2 の方の振動しにくく設計する方に苦労するのが普通です。

等 分布 片 持ち 荷重 梁

図4 【問題5】 長さlの銅管を鋼製のボルトが貫通して、左端のナットが温度T1で銅管にすき間無く接触している。 引張強度と聞いたので、単純に降伏点の事だと思ってましたが、調べてみるとADC12はアルミで、200MPa付近は破断強度ですね。 正負の判断に注意です。

9
等 分布 片 持ち 荷重 梁

【問題299】 図の梁の場合にせん断力図、曲げモーメント図を求める。 曲げられる方向により変化する。

14
等 分布 片 持ち 荷重 梁

梁の断面は長方形とし、その寸法、材料定数は次の通りとする。 htm(前掲) というふうに、これもどこにでも転がっています。

等 分布 片 持ち 荷重 梁

集中荷重では、ある1点に重さ100Kgが、かかればPは100kgですが、分布荷重の場合は単位あたりの重量ですので1000mmの長さの梁であれば自重100kgを1000で割って0. 順にみていきましょう。

5
等 分布 片 持ち 荷重 梁

固定点A、Bに生ずる反力R A,R Bを求める。

20