ユキ 小玉

少し閉ざしている感じが好きなんですね。 月影ベイベ 1 フラワーコミックスアルファ この作品は東京から富山に引っ越してきた女子高生、 峰岸蛍子(みねぎしほたるこ)が、 地元の伝統芸能「おわら」を踊るのを通じて、 佐伯光(さえきひかる)を始めとするクラスメイトや、 町の人々と深く関わることで、 自分の母の過去や、 光の叔父で蛍子の思い人である、 佐伯円(さえきまどか)との関係を描いた作品です。

15
ユキ 小玉

金の獅子賞(新人の登竜門)(2002) 【坂道のアポロン】• このマンガがすごい! Kakigori• 珍しいですよね。

15
ユキ 小玉

すごくリアルに描かなきゃいけなかったので、そこでパースの勉強ができたんです(笑)。

8
ユキ 小玉

里央なんかは急にぐいぐい蛍子に接近していったので、私もびっくりしちゃったんです。 なんというか……「心にメガネをかけている」(笑)。

9
ユキ 小玉

惜し過ぎる。 さてそんな小玉ユキ先生のおススメ作品について 次は迫ってみましょう。 私の結婚式! ふたりの意見が重なり合うような柄や形を考えるのが、すごく大変で。

5
ユキ 小玉

一部記事のラインナップが紙版と異なる場合がございます。 ちいさこの庭(『月刊flowers』2017年9月号 - 2018年2月連載、全1巻)• 「flowers」では6月号(4月28日発売)で小玉さんの特集が予定されており、二〇周年に関連する情報もこれから発表予定だと伺いました。

14
ユキ 小玉

3人とも年齢が近いんでしょうか? 3人とも年齢は公開してないので詳しくはわかりませんが、 おそらく30代半ば?ではないかという気がしますね。 光の海• 「これだ!」と思ってそこからばーっとマンガができていったというか。 でもかけさせたくなっちゃう。

12
ユキ 小玉

小玉ユキ短編集1(作品発表は、『光の海』以前)• 龍生のほうは「俺傷ついてる」感を割と外に出してますからね(笑)。

3