ソレムニス ミサ

撮影は2011年の四月なので、彼の立っ ていたところは後で別フレームから合成したようです。 遅いところにメリハリがあるわけで はないので、その流麗さをときに濃厚で重いと感じる人もいるかもしれません が、とろけるような心地よさは他では味わえません。

ソレムニス ミサ

具体的には常 にテンポがやや速めで、過度に抑揚を付けません。

17
ソレムニス ミサ

華やかな祝祭でなく、心の歌としてのミサです。 ガーディ ナーの項ではテルデックから出たヨーロッパ室内管との92年録音の旧盤について「期待していたけど. このように一見イギリスの人が目立つような気がするので、古楽界でお馴染みの指揮者を国別に 分けてみ ました。

10
ソレムニス ミサ

どんな に透明になっても個性というものはなくならないからです。

ソレムニス ミサ

フーガのように展開された後,第1部が再現しますが,ここではより密度の高いものになっています。 ウィーン・フィル150周年記念CD。

ソレムニス ミサ

交響曲の演奏でのコンツェントゥス・ムジ クスとヨーロッパ室内管の位置関係がちょうど逆にな り、テンポは遅くなり、いつも過激だった自分の古楽バンドとの演奏であるこちらの方が静けさに満ちています。 グレート・ミサとは大きさでは なく、深さでした。 第1曲キリエの冒頭には「心より出,そして再び心にかえらん」と書いてありますが,ベートーヴェンの作曲技法のみならず,彼の理想や哲学の総決算ともいえる作品です。

4
ソレムニス ミサ

と独奏の下降音から静かに第2部Benedictus(アンダンテ・モルト・カンタービレ・エ・ノン・トロッポ・モッソ)が開始される。 オイロディスク原盤(ドイツ・シャルプラッテンとの共同制作であろう)。

ソレムニス ミサ

ニ長調という輝かしい調性が生きています。

17
ソレムニス ミサ

1969年。 こちらはちゃんとORRと表記されている。

4