は と 代理 現場 人

現場代理人の配置は義務付けられていない一方で、現場代理人を置く場合に関しては建設業法で発注者に対する通知の義務がある点に注意が必要です。 現場代理人に常駐は必須か:例外的に常駐しなくてもいい場合がある• 現場には、主任技術者や監理技術者などのほかに、現場代理人もいます。 具体的に言うと、 正社員で3ヶ月以上の雇用関係があることが必要です。

11
は と 代理 現場 人

これはその名の通り、経営者の代理人であり、工事においての責任者となる立場です。 ただし、後述するように公共工事における現場代理人の常駐は緩和要件が設けられています。 これは、現場代理人や監督員の権限の範囲等が明確にされていないことが理由で、契約に関してなされた現場代理人や監督員の行為が後で紛争になることを防ぐことが目的です。

は と 代理 現場 人

実際に携わる職務内容に応じ、 資格要件 や 事業者責任等について考慮する必要がある。 特に公共工事は、現場代理人を必ず設置し、現場に常駐することを求めてきます。 1 現場代理人を選任した際には、発注者に通知しなくてはならない 基本的に現場代理人を選任した際には、発注者に通知する義務が生じます。

は と 代理 現場 人

営業所の専任技術者について 営業所の専任技術者は、注文者と工法について検討したり、注文者に技術的な説明をしたり、積算見積もりなどを行わなければなりません。 この場合において、工期又は請負代金額の変更については、元請負人と 下請負人とが 協議して定める。

は と 代理 現場 人

。 設計図書と工事現場の状態とが一致しないこと。 公共工事では現場への常駐が義務付けられていることからも、基本的に専任技術者が現場代理人になることはできません。

2
は と 代理 現場 人

(「土木工事書類作成マニュアル」より)• そのために、監督者としての立場もあり、現場監督とも言えます。

は と 代理 現場 人

現場代理人が常駐しなくていい場合(1)契約締結後、現場事務所の設置、資機材の搬入又は仮設工事等が開始されるまでの期間や、工事の全部の施工を一時中止している期間等、工事現場の作業状況等に応じて、発注者との連絡体制を確保した上で、常駐義務を緩和することが考えられる。 現場代理人は工事現場において、工事の指示を出して安全管理を行い、職人にも指示を出していくことが役目です。

は と 代理 現場 人

現場代理人である必要はなく、必ずしも選任しなければならないものではない。

17
は と 代理 現場 人

また、 現場代理人を配置した場合は、その権限や行為についての内容を注文者に通知する義務が課されるので、注意が必要です。

18