市原 フライング キッド

ケンイチ()• あの頃のFMWは、もうない。 体育館の正面入り口にポスターや当日券の受付があって、その周りにダフ屋のお兄さん(知り合いの不良のお兄さんが駆り出されてたりした)が居たり、マニアなおじさん方が三々五々集まって何やら話し込んでたりした。 何を隠そう、間近で初めて見たプロレスラーが市原選手だった。

9
市原 フライング キッド

経歴 [ ] 1期生として、1990年1月17日、熊本県熊本小国ドームにて、本名の市原昭仁として森重正臣とエキシビション・マッチでデビュー。 一時、フライングキッ道市原を名乗り冬木軍プロモーションに所属したが、離脱し最終的にはFMW正規軍に落ち着く。 今でも鮮明に覚えているのは、5分くらいピーンと集中した空気の館内に、二人のシューズの音と息遣いだけが聞こえているところ。

8
市原 フライング キッド

一時、『フライングキッ道市原』を名乗り冬木軍プロモーションに所属したが、離脱し最終的にはFMW正規軍に落ち着く。 そして、そこからボディスラムを一発。

1
市原 フライング キッド

経歴 [ ] 1期生として、1990年1月17日、熊本県熊本小国ドームにて、本名の市原昭仁として森重正臣とエキシビション・マッチでデビュー。

市原 フライング キッド

当時は無理矢理体を大きくしようと、無理なウエイトアップを行った為、肥満体型のアンコ型レスラーで、得意技に雷電ドロップ(ジャンピングヒップドロップ)を使用するなど、後の空中殺法を得意とするレスラー像とはかけ離れていた。 Publisher:• トク6(NHK徳島)• 会場には フライングキッド市原応援隊の 皆さんがスタンバイ フライングキッド市原選手の コールの際には 山のような紙テープが 本当に良い興業でした。 身長170cm(公称、実際は160cm強)・体重85kg。

16
市原 フライング キッド

2013年9月、四国の文化の振興を目的として「」を立ち上げる。 正式なデビュー戦は、同年5月12日の尾内淳(現:)戦。 Channel Number: 9094106• 当時は無理矢理体を大きくしようと、無理なウエイトアップを行った為、肥満体型のアンコ型レスラーで、得意技に雷電ドロップ(ジャンピングヒップドロップ)を使用するなど、後の空中殺法を得意とするレスラー像とはかけ離れていた。