はなび 日向

EDでは第四次忍界大戦で戦死したの遺影を携え、父と共にナルトとヒナタの結婚式に出席し、二人の門出を祝福している。 上忍のくノ一。

19
はなび 日向

日向ハナビは、木ノ葉の里最強の一族日向宗家の跡取りです。 その直後には部下のフーやトルネと共に火影として五影会談に向かい、会談では右目に移植していたシスイの万華鏡写輪眼の瞳術「別天神」で進行役のミフネの脳内を操り、史上初の忍連合軍を結成して自らがその指導者になるよう仕向けていたが、霧隠れの里の青が白眼を隠し持っていたという予想外の事態によってその目論見が明るみに出てしまい、サスケ率いる「鷹」の襲撃を利用して会談から逃亡した。

15
はなび 日向

原理的には同じ代物なのだから当然だ。

はなび 日向

毒蟲を操る油女一族の忍・油女シクロ の子で、彼も毒蟲を操ることができ、その抗体を持つ。

13
はなび 日向

しかしそれは蟲分身の術による囮であり、自身はその隙に、蟲に感染させた人間を深い穴の中に放り込み、その中で毒蟲を培養して爆発させ、辺り一面に毒ガスを撒き散らす禁術「壺毒の術」の準備をしていた。 高められたチャクラから放たれるのは奥義。

20
はなび 日向

姿形は息子のカカシと似ている。 ノノウの孤児院にいた孤児としてカブトの回想に登場した。

16
はなび 日向

第一部では中忍選抜第三試験の審判を務めるも、試験後カブトの追跡任務を受けバキとの密会を目撃したため口封じに襲撃を受け、応戦するもバキの返り討ちに遭い敗死した。 戦闘直後にビーを「アイアンクロー」で保護(捕獲)した。 ペイン襲来後は里から復興役を命じられ、木遁で大量の仮設住宅を建設していた。

8