狐 を 虎 威 の 借る

[使用例] 「は見えすいて軽薄であって低脳児だ」と中学側が思えば、商舩側は「俺達の学校の生徒に圧迫せられている奴」という虎の威を借る狐の気を負っていた[梶井基次郎*卑怯者|1923] [使用例] 虎の威をかりるキツネとは正に俺のことだ。

狐 を 虎 威 の 借る

人とうまく行かない理由。

11
狐 を 虎 威 の 借る

そこで狐に言われた通り、ついて歩くことにしました。 虎の威を借る狐の商法だと言われても仕方がない。 -日本語訳- 虎は、 狐のすがだではなく 自分の姿を見て獣たちが逃げている事に、気付くことはありませんでした。

17
狐 を 虎 威 の 借る

虎は自分を見て逃げたのだとは思わずに、狐をみて逃げたのだと思った。 天帝がわしを百獣の長に任じたのである。

狐 を 虎 威 の 借る

〔異形〕虎の威を借る。 -問6- 本文の故事を読んで、虎が狐を食べなかった理由を50字以内で説明しなさい。 子我を以て信ならずとなさば、吾子の為に先行せん。

5
狐 を 虎 威 の 借る

」 以上のような内容の話が古典「戦国策」に掲載されています。 そして、残念ながら、その権威者にその意図を見抜かれていることも多く、徐々に距離を置かれるなんて切ないことも起こりやすいですね。 (そうすると、そんなに賢くないこちらとしては、うーん・・・すいません・・・となってしまうわけです(笑)) あるいは、感情的に反発されてしまい、カウンセリングがそこで中断してしまうのも避けたいところですしね。

狐 を 虎 威 の 借る

獣たちはこれを見てみんな逃げだしました。 「親の親」をやってきたんであれば、その役割を手放していくのが一番です。 ある時宣王さんが仕えていた臣下の人たちに尋ねました。

10