評価 ラスト レター

—————————————————————— まとめ いかがでしたでしょうか。 そこで初恋の相手である鏡史郎と再会した裕里は、姉のふりをして文通を始める。 阿藤にしてみれば、明らかに自分と比べて全てを持っていて、清らかさと正義の塊のような未咲を手にすることで、何か世の中に復讐したような気持ちになれた。

16
評価 ラスト レター

色々思い出す事があると思います。 あと 「文章の添削」が恋の引き金になっているのも味わい深いです。

3
評価 ラスト レター

裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。 いや、褒めすぎかな。 未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。

18
評価 ラスト レター

しかし裕里は姉の同級生たちに未咲本人だと間違われてしまい、結局自分は妹だと言い出せず同窓会は終わってしまいました。

8
評価 ラスト レター

わりとありがちで特別びっくりすることはない。 愛おしさから涙してしまいました。 「君にまだ恋をしているって言ったら信じますか」とドキリとする言葉を送られ、「おばさんからかうのやめてください」と返事します。

14
評価 ラスト レター

手紙を出す時のドキドキ感。 映画が監督のものであるのは当たり前のことだと思う人もいるかもしれないが、近年の日本のメジャー作品には、公式の紹介文でまったく監督に触れず、ポスターやチラシにも米粒のような文字でしか監督のクレジットが記されていない作品も少なくない。 そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎と再会することに。

7
評価 ラスト レター

また、裕里は未咲の死を同級生に伝えるために未咲の同窓会に出席。 一瞬葉蔵が喰種の金木に見えたりPSYCHO-. 裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。

評価 ラスト レター

僕の短歌の添削をしてくれる師匠です。 映画『ラストレター』のあらすじ 裕里の姉の未咲が、亡くなりました。