の 続編 ヒカル 碁

身長178cm。 実はハンドルネーム「ichiryu」でネット碁も打っており、入院中の塔矢行洋を偽物と思って挑んだこともある。 川萩中副将 声 - 定石の本を読みながら対局する筒井をバカにする。

17
の 続編 ヒカル 碁

後に日本棋院所属のプロ棋士(伊角、本田と同期)。 院生時代、ヒカルに敗れた事を今でも忘れておらず、ヒカルに勝利し自分の名前を名乗りたい一心で日本語も話せるようになった(その事をヒカルに感心された為、思わず照れてしまった)。

8
の 続編 ヒカル 碁

僕もこの言葉を忘れずに、新しいことにチャレンジしていく勇気を持ち続けたいものです。

16
の 続編 ヒカル 碁

さらに名人とsaiの対局速報をフランクに伝えた。

4
の 続編 ヒカル 碁

私もあがり症で、普段の声も小さいです。

13
の 続編 ヒカル 碁

中国から戻った伊角や北斗杯中国代表の面々から「大きい楽平」と呼ばれる。 「よろしくお願いします! 囲碁って 分かりにくくて とっつきにくいよなぁ~というのが正直なイメージです!」 「まあ、みなさんそんなイメージだと思います。

の 続編 ヒカル 碁

と言われたことがあります。 その際、今も十分強いが、昔の方がもっと強かったと指摘するが、ヒカル本人にも「俺もそう思う」と朗らかに返され当惑する。 囲碁については、初心者にもわかる程度の基本ルールの説明にとどまり、対局の進行描写や技術解説のほとんどは省略されていた。

17
の 続編 ヒカル 碁

物語序盤、アキラに勝ったヒカルの力量を図ろうとするも、この時は動揺したヒカルが碁会所を飛び出してしまったため流れてしまう。 使えってことなのだろうか。 見覚えのある光景。

7