対 アストロズ ドジャース

(1995 - 1998、2002 - 2004年)• キューバはとその後の的政策により、とのを断絶された。 2017年11月5日閲覧。 しかし、そうなったらメディアもこの街もすごいんだろうなあ…。

20
対 アストロズ ドジャース

Paul Waner• 2017年9月16日閲覧。 右投げ右打ちの内野手。 しかしドジャースは、初戦で9回二死から同点に追いつきの末にを収めると、続く2試合も1点差の接戦を制して土壇場で3連勝し、同率首位に並んで162試合を終えた。

7
対 アストロズ ドジャース

6ポイント下降 不明 第6戦 午後 08時16分〜11時43分 12. この為、プレーオフのステージ(関門)が通常のシーズンよりも1ステージ増えた訳だが、チームはプレーオフも全て勝ち上がり、ワールドシリーズ進出を果たすと、同じくプレーオフを全て勝ち上がったきた対戦相手のタンパベイ・レイズを破り、32年振りにワールドシリーズを制覇した。 米CBSスポーツのキャスターは、組織ぐるみで行われたとされている今回の騒動を「近代スポーツ史上最大のスキャンダル」と表現している。

4
対 アストロズ ドジャース

脚注 [ ] 注釈 [ ] com Press Release, November 27, 2017. 打線も3安打1得点、4回以降は無安打とレッドソックス投手陣に抑え込まれ、1-5で敗戦。

10
対 アストロズ ドジャース

先発のビューラーが6回3分の2を投げて1失点と好投したり、前田健太の三者連続奪三振の好リリーフもあったが、その前田の前後に登板した投手が誤算だった。 続くリーグチャンピオンシップシリーズでは、アトランタ・ブレーブスに1勝3敗と王手をかけられ追い詰められる展開と成ったが、外野守備でムーキ・ベッツが再三にわたり超ファインプレーを見せると、ドジャースの攻撃時にも好影響を与えたのか、コーリー・シーガーを筆頭に打線が歴史的な猛反撃を開始、ドジャースが逆に王手をかけた。 の適用によって合衆国企業とキューバ人との商取引は原則として禁じられ、キューバ人が適用除外となるためには、による他国保持認定が求められた。

14
対 アストロズ ドジャース

波紋はすぐに広がり、マスコミや野球ファンはもちろん、ダルビッシュをはじめとした現役選手もこの騒動に加わった。

12