お気 て つけ くれぐれも を

そのため「お大事にしてください」という言葉の類語にもなります。

16
お気 て つけ くれぐれも を

<例文>• どの言葉も相手の健康を気遣う言葉です。 その他の表現としてお気をつけなさいませを紹介しました。

15
お気 て つけ くれぐれも を

ビジネスでよく使うのは、「くれぐれも」です。 ・ぜひ一度ご来店ください。 どちらも『おからだ』と読みますが、漢字が違うと意味も微妙に異なるため、手紙やメールでは違いを意識しましょう。

2
お気 て つけ くれぐれも を

メールや手紙で「くれぐれも」を書く場合、「呉呉」はあまり浸透していない当て字なので、ひらがなで「くれぐれ」と書いた方がいいでしょう。

14
お気 て つけ くれぐれも を

「是」は正しいこと、「非」は正しくないことという逆の意味があります。 「ご健勝をお祈り申し上げます」は「 健康であることをお祈りします」という意味です。 相手の体を労わるときの表現 相手の体調や体を労わるときには「お気をつけてください」という表現もありますが「ご自愛ください」という表現もあります。

お気 て つけ くれぐれも を

たとえば「お気をつけください」は「please」をつけて、「Please be carefu. くれぐれもご無理をなさらぬように、お体を大切にお過ごしください。

5
お気 て つけ くれぐれも を

【手紙】末筆ながら、何卒お気を付けて年末をお過ごし下さいませ。

12
お気 て つけ くれぐれも を

これから帰ってくる上司に向けて送る文面 出張をする上司や、これから外出先から帰って来る上司に対して「お気をつけて」の意味を含むメールを送ることって結構ありますよね。

お気 て つけ くれぐれも を

念を押してお願いしたい時の「くれぐれも」 くれぐれもご検討のほどお願いいたします。 ) といった使い方もします。

18