丸 春日

門司とシンガポールを結ぶの護衛に使用されることとなり、4月19日に対潜哨戒用として所属の12機を搭載した。 C10127676500。

1
丸 春日

28 1328 護衛の驅逐艦「潮」、同「曙」が敵潜攻撃に向う~ ~09. 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌 1 』。

3
丸 春日

(防衛省防衛研究所)• 中央の左右1門ずつは、搭載されなかった。 高橋定ほか『母艦航空隊 体験で綴る空母機動部隊の一挙一動と海空戦の真相!』潮書房光人社、2013年1月。

丸 春日

『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報 4 』。 9月24日 - 冲鷹、島風と横須賀回航中、米潜水艦(カブリラ)から雷撃され大破、冲鷹に曳航されて退避。 これらの海域は比較的ドロップ入手率は高く設定されていたようで、ゲージ削り中は勿論、輸送ゲージや第2戦力ゲージの削り中でもダブって入手したという提督も見受けられる。

5
丸 春日

10:聯合艦隊電令作第530号: 大鷹、冲鷹、漣、響は現任務終了後横須賀に回航すべし 18. 307頁• アメリカとの戦争が勃発しなければ、昭和17年度の戦時編制において春日丸以下特設航空母艦群は第六航空戦隊(特設空母3、第31駆逐隊〈、、、〉)と第七航空戦隊(空母・特設空母2、第25駆逐隊〈、、〉)を編成予定だった。 4月16日 - 冲鷹他と共にトラック発。 龍驤はに参加し 、春日丸は の13機を搭載してへ輸送。

3
丸 春日

『昭和17年7月1日~昭和17年11月30日 呉防備戦隊戦時日誌 4 』。 横井俊之ほか『空母二十九隻 日本空母の興亡変遷と戦場の実相』潮書房光人社、2016年2月。

7
丸 春日

手には皮手袋を嵌めており、に紐を付けた姿と合わせてを思わせるようないで立ちとなっている。 29:佐世保海軍工廠にて修理開始、泡沫消火装置装備、官房機密第10468号訓令工事施行 18. 回天丸は明治政府の新鋭装甲艦「甲鉄」を急襲し、接舷切込みを仕掛けたが、甲鉄のガトリング砲と春日丸の大砲により撃退された(宮古湾海戦)。 6日トラック着。

6
丸 春日

なお春日丸の零戦空輸についての回想によれば、ラバウルより零戦搭乗員20名(台南航空隊所属)がに搭乗して春日丸の傍に着水した。 C09111577100。 - 時津風・漣とトラック発、14日呉着。

12