ノズル 日本

日本ノズルでは、精度の追求のため、ノズル製造に必要な工具や作業用設備を、自社で設計・製造しています。 だからこそ、紡糸や繊維に関わるあらゆることを熟知しており、得てきた経験やノウハウを使って課題や悩みに対してご提案することが可能です。 (資本金20万円) 1941年4月 工場を埼玉県久喜市に移転 1965年 4月 米船運航 株 と合併し日本ノッズル精機 株 と改称。

1
ノズル 日本

さらに、金白金製ノズルは、世界で唯一、金白金の溶解からノズル製造までを自社内で行える一貫生産体制を持ち、溶解と成型の段階から品質を管理しています。

ノズル 日本

45;-webkit-transition:opacity. 約70年前、化学繊維がまだ「舶来品」だった頃、日本ノズルはレーヨン製造用のノズル製作に成功。 現在化合繊維業界においては世界市場のシェア15%を占め、世界でもトップクラスの技術が広く認められるようになりました。 また、製造工程についてもムダを省いてシンプルな手順にすることで、作業者の負担を軽減し、品質の維持や納期の短縮、コストダウンを実現しております。

9
ノズル 日本

*世の中に公開されている特許情報 特許整理標準化データ、公開特許公報、審決公報 をもとに算出されるスコアです。 2018年7月 兵庫県加古川市に第二工場を新設。 化合繊維の国産化に大きな一歩を踏み出しました。

ノズル 日本

世の中の流れや繊維業界のニーズに合わせ、設備や体制を変えて柔軟に対応してまいりました。 私たちはastamuseを通じて、世界中のイノベーター達が研究開発、商品開発、投資活動を行う為に必要なサービスの提供を行っていきます。 設備面では、自動検査装置を完備することで人間よりも精度の高い検査を可能にし、受け継がれた職人の技術は残しつつ、高品質な製品をより短納期で製造できるようになりました。

6
ノズル 日本

日本ノズル株式会社は、1928年に日本で初めての紡糸ノズルメーカーとして創業し、今日まで歴史を築き上げてきました。 また既存設備のノズル部のみを供給することも可能で、アスペクト比L/D=100倍の孔も実現している。 5;color: 565e65;font-weight:700;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;line-height:1. お客様が抱えられている問題の一つひとつに真剣に向き合い、さまざまな研究や設備投資を重ね、弊社の基盤技術である微細孔加工技術を深めてまいりました。

ノズル 日本

紡糸ノズルメーカーとして世界一の創業年数を誇る日本ノズルですが、提供できるのは紡糸ノズル製造だけではありません。

5
ノズル 日本

2001年10月 兵庫県加古川市に工場を新設 ISO9001 取得 2008年10月 加古川工場を現在地に移転。 長年にわたりノズル製造で蓄積されたノウハウを取り入れた次世代の不織布製造装置。

6