鉄道 運行 状況 甘木

(昭和61年) 国鉄甘木線を承継し開業。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 日祝日は早朝深夜の一部の列車が運休する。

8
鉄道 運行 状況 甘木

【貨物営業廃止】太刀洗 - 甘木間• 数値は年度での値。 しかし、2006年(平成18年)7月の大雨で鉄橋の橋脚が被害を受け5か月間にわたり一部区間が不通となり旅客が減少したことや原油価格の高騰などが影響し、2006年(平成18年)度以降は赤字決算となっている。 しかし甘木市・(当時)など地元沿線市町と沿線住民は鉄道路線としての存続を切望し、結果的に第三セクター方式で鉄路が存続した。

8
鉄道 運行 状況 甘木

また、全所属車両8両中3両が基山 - 大板井間に取り残されていた。

11
鉄道 運行 状況 甘木

比較的に近く 、積極的な増便対策や 、の移転によるとの接続改善 などが功を奏し、全国の第三セクター方式の鉄道会社の中では珍しく、ほぼ毎年経常利益を黒字計上し、の優等生として知られた。

3
鉄道 運行 状況 甘木

平日の朝・夕時間帯は約15分間隔、土曜・休日と平日の昼間時間帯は約30分間隔で運転されている。 甘木鉄道 運行状況の他の情報を見る: 運行状況 理由・原因・なぜ ~Coming Soon~ 国交省の調べでは、10分未満の遅延の主な原因は、乗車時間の超過、ドア再開閉、急病人の発生といった部外原因が94%を占める。 (昭和59年)• 他に信号場1)• 4 1,742 大原信号場新設 2004年(平成16年) 27. なお、佐賀県は全く関与していない。

鉄道 運行 状況 甘木

一方で、30分以上の遅延の原因については、自殺、線路立ち入りなど部外原因が68%。 係員の取り扱いミスや車両・電気設備の故障といった部内原因は23%という結果となった。

12
鉄道 運行 状況 甘木

(昭和12年)5月 着工。

鉄道 運行 状況 甘木

(平成14年) 【駅新設】今隈• かつては甘木駅に基山駅からのJR乗車券を発売する券売機と、からの(西鉄)の乗車券を発売する券売機を設置していた。 2両編成の列車であっても、貫通扉は使用せずに乗務員は1両目と2両目の前部に乗務し、2両目の乗務員も運賃・の確認を行う。 路線距離():13. 駅数:11駅(起終点駅含む。

17