下 大 神宮

諸老人年百歳已上 賜 二穀伍 斛 一。

11
下 大 神宮

又仕奉人等中 尓其仕奉状 乃随 尓治賜人 毛在。 実際には当地から伊勢神宮へ白布を貢納した。

18
下 大 神宮

の内側にある建物は社殿ではなく、井桁の上に造られた「覆屋」である。 従五位下行大内記小野朝巨後生 為 二大判 事 一。 かなり大雑把な印象。

5
下 大 神宮

取 レ彼加 レ此於事不 レ穏。 そして最後になりましたが、行きましょう正宮。 上御井の覆屋には神職が中に入れるほどの大きさがあるのに対して、下御井の覆屋は小さく中に入ることはできない。

下 大 神宮

今 毛今 毛如 レ此等 乃災 波。 境内に神社名を記したものがないが、参道に石碑がある。 [三橋 健]. ""(2013年9月11日閲覧。

17
下 大 神宮

又貞観六年正月七日午時以前大辟已下。 ところが、明治直前の慶応4年(1868)に戊辰戦争の局地戦が房総で起こった際、当社が幕府方脱走兵の一拠点とされたために、官軍方の砲撃で消失という災難にあってしまいました。 天皇 御 二前 殿 一 覧 二青 馬 一。

3