銀魂 陸奥

本当は自分の財力の多さから友人らが離れてしまい、近づくのは自分のお金目当てな人物のみという環境にウンザリしていたところで、『高天原』に行くと狂死郎の心からのもてなしに感動して好意を持ち、純粋な気持ちで再び来店したのだった。

7
銀魂 陸奥

(ひじかた とうしろう) 真選組の副長。 それから土佐弁じゃがけっこう怪しいぜよ「陸奥弁」と思ってくれると助かるきに。

9
銀魂 陸奥

初登場の柳生篇では沖田に負けた南戸を「若の顔に泥を塗る」として制裁するなど冷酷な一面を見せていたが、その後は登場する度に変態的な行動がエスカレートしており、九兵衛の部屋からのパンフレット を見つけた際には、勝手な早とちりをした上に、銀時達と情報収集をした際には彼らが真面目に情報を集めていたにも関わらず自身はに出入りしていた。 夫の遺言で北斗心軒に大晦日になると現れる頭巾をかぶった男にラーメンをふるまうことを使命感としていたが、夫の死後現れなくなったその男のことを心配していたが、その人物が実父であることが発覚した際には万事屋と桂と共に彼にラーメンをふるまった。

銀魂 陸奥

辰羅族(しんらぞく) 外見は地球人に近いが、のように尖った長い耳とを持つ 天人。

17
銀魂 陸奥

かつては剣術道場の跡取りであり、行き場の無かった土方や沖田らを門下生として迎え入れていた。

18
銀魂 陸奥

外見の良さは元より、献身的な業務態度で客からの人気は上々であり、店の看板娘となっている。 主にロボット型の戦闘用のからくりなど日々多くの機械を開発しているが、騒音で近隣住民とのトラブルも絶えない。

10