ます 留意 いたし

「注意」同様に日常生活からビジネスシーンなどいかなる場面で用いられています。 「留意」の「留」は、「ながれる」「田畑」の象形から成り、「(田の間をながれる水が)とまる、とどめる」を表す漢字です。

14
ます 留意 いたし

「崖崩れの危険があるので注意してください」を「崖崩れの危険があるので留意してください」とは言いません。 やのでは、やといったられたへので留意というがたびたびする。 それではさっそく、「注意点」と「留意点」の違いを見るために、「注意」と「留意」という単語の意味を見ていきます。

1
ます 留意 いたし

仮に、「納期に注意する」とした場合は、納期が迫っている・以前納期を守れなかったという教訓がある、などやや緊迫した状況がイメージされます。 ・冬季期間中は休業させていただきますことを予めご了承ください。

1
ます 留意 いたし

相手の配慮という意味でも自分が配慮するという意味でもどちらでも使うことができます。 「留意点」の意味は「気をつけるべき箇所」 「留意点(りゅういてん)」は、「留意」+「点」からなる言葉です。

6
ます 留意 いたし

そのことから留意は「心に留めること」という意味になります。 「ご留意」は相手への配慮や気遣いを表す言葉として、会話のみならず、メールを含めて、ビジネスシーンで広く使える言葉です。 この場合の『note』は、「~に注意する・気に留める・気づく」という意味の動詞です。

1
ます 留意 いたし

それぞれ、留意という言葉の意味は同じですが、敬語として表すニュアンスには差異が出てきます。 また、使われる対象が主に服装や健康などの抽象的なものであり、かつ気をつける時間がある程度継続する点も、「注意」との使い分けのポイントとなっています。

12
ます 留意 いたし

こちらで紹介した文章以外でも「賜りますよう」という言葉は、ビジネスシーンではよく使われている敬語表現です。 日頃から無理をしがちな相手に対して健康状態を気遣う言葉として「体調を崩さないように気を付けて過ごしてください」という意味で使うことができます。

2