ふさ 法則 つる の

「死ぬまで権力を持ち続け」ることができておらず、これは第二法則に反する。 もっとも西側に公開されているマレンコフの写真を時系列を追って見ていくと、第二次世界大戦期には確かに「ふさ」だが、同時期にスターリンの側近であったラヴレンチー・ベリヤがスターリンの死後最高権力者にはならなかったが、マレンコフとの共同体制として短期間ながら政権を握っていた。

14
ふさ 法則 つる の

ハゲフサの法則とも。 後に書記局の主導権が(つる)に譲られたとは言え、フルシチョフが正式な党首職である「第一書記」に就任し実権を掌握したのはその数ヶ月後のことである。

ふさ 法則 つる の

「つるふさ」の法則 ロシアにおける「つるふさ」の法則 いきなりふざけた話題である。 の法則では、レーニンは革命家、フルシチョフ、アンドロポフ、ゴルバチョフは改革派でありみな 「ツル」となります。

18
ふさ 法則 つる の

ただし、就任直後から病気のため目立った成果は無い。

3
ふさ 法則 つる の

また、年代をさかのぼるとこの法則は破綻する。 フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 6』講談社、2004年。 「つる」:失脚するとかで権力を失う。

11
ふさ 法則 つる の

もっとも西側に公開されているマレンコフの写真を時系列を追って見ていくと、期には確かに「ふさ」だが、大戦後は生え際がだいぶ後退しており、さらに下って首相期の写真は不自然なをかけている。 」と、ゴルバチョフを指摘。 ペレストロイカは世界中の流行語となる。