ナイチンゲール フローレンス

つまり、新しい教育システムで育った卒業生たちが、スタッフとして旧いシステムで動いている病院に入っても、そのトップにいる管理者が看護を理解していなければ、彼女たちの力は発揮できず疲弊してしまうと考えたのです。 1856年、クリミア戦争終結。 恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないことでしょう。

9
ナイチンゲール フローレンス

最も上手に人をおさめるのは、その人のためになること、その人にとって最高の利益になることを、親身になって考える人です。

17
ナイチンゲール フローレンス

ナイチンゲールが口にすると重みが格段に違う、現代を生きる我々すべてが考え直さなくてはならない言葉だと言えるでしょう。 その後、1871年にテムズ河沿いに新聖トマス病院が設立されると、それに伴って入学者は30名に増員されました。 - フローレンス・ナイチンゲール - 天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である。

12
ナイチンゲール フローレンス

ここから昼間は看護活動や後身の指導に当たり、夜は本を書くという生活を送った。 看護師は 不潔でだらしない仕事とされており、家族中から 猛反対にあいますが、持ち前の根性で独学を始めます。

17
ナイチンゲール フローレンス

その無私の精神は、真似しようと思って真似できるものではありません。

ナイチンゲール フローレンス

しかもこれの文献は、すべて完全に保管されていて、ナイチンゲール文書からナイチンゲール思想をつかみ取ることは具体的に可能で、それらは「著述家としてのナイチンゲール」の顔を浮かび上がらせています。

7
ナイチンゲール フローレンス

キリストが伝道を始めた歳だ。 ナイチンーゲールの持つ統計学的能力が、彼女自身の仕事を推進させるのに、大きな力となったのです。 1875年から聖トマス病院で医学を学んでいた少監は、ナイチンゲール看護学校で行われていた近代的な看護教育に感銘を受け、帰国後の1885年に日本最初の看護師養成校である有志共立東京病院看護婦教育所(現在の慈恵看護専門学校)を設立することになる。

5
ナイチンゲール フローレンス

死亡率は高く ある時期の患者数は平均2,349人で、同じ期間中に2,315人が死亡 、しかし、ナイチンゲール看護団は、従軍当初ほとんど機能しませんでした。 この頃、幼いナイチンゲールは父が行っていた慈善事業の一環で、屋敷近くの農村を母と共に薬と食料を持って慈善訪問して回っており、そこで農民や労働者の悲惨な生活環境を目の当たりにしたことをきっかけに、人々を救うための生き方をぼんやりと考えるようになる(当時のイギリスはに伴う社会構造の激変期であり、社会のアンバランス化による貧富の格差や公衆衛生の悪化が問題化していた時期でもあった)。 ナイチンゲールは、クリミア戦争において、女性がその一生をかけて打ち込むことができる職業として、看護職の存在を当時の世に知らしめた人ですが、彼女が上流社会出身で社会的身分の高い貴婦人だったこと、英国のみならずヨーロッパの社交界において、すでに若きナイチンゲールの人となりや知性が人々の口にのぼっていたなどの理由から、クリミアへの従軍が決定した段階で、世論は大いに彼女の動向に関心を抱き噂が盛り上がっていました。

16
ナイチンゲール フローレンス

ナイチンゲールも自ら看護婦として従軍する決意を固める。

3