対 サッスオーロ ボローニャ

1-2で敗れ、7位ミランとの勝ち点差を8に広げられ、EL出場権獲得が遠のいた。 しかし、ここでもなかなか出番を貰えず、代理人のオスカル・ダミアーニ氏は「彼はヨーロッパで随一の若手だが、イタリアの監督は若手を起用する勇気が欠けているようだ」と非難していた。 しかし3分後、インテルが突き放す。

13
対 サッスオーロ ボローニャ

サッスオーロは確かに強いチームで攻撃力も高いが、ボローニャはこうしたチームから勝ち点を奪えなければ、上位には食い込めない。 以上、対の感想でした。

4
対 サッスオーロ ボローニャ

そして60分、リッカルド・オルソリーニが高い位置でボールを奪うと、ドリブルで運びそのままシュート。 この日は個人よりもチームとしての課題が浮き彫りとなったのは明らか。 ただ、後半は厳しかった。

対 サッスオーロ ボローニャ

2012-13• 『サッスオーロ』の関連ワード• 絶好調ミランが サッスオーロ下して9戦負けなし、暫定5位浮上 Goal. 自分の前に広いスペースがあるときは頭を上げて、チームのためにもっと効果的な存在になれる」 2020. 順位表の上位にいるチームは運命を自身の手で握っているし、その他のチームは彼らに追いつくためにペースを上げなければならない。 1925-26(ジローネ・エミリアーノB)• 2008-2009• 我々には準備のためにあまり多くの時間はなかったが、彼らの強みと弱みはよくわかっている」 短期間に集中した試合日程について:「暑さに加えて短いリカバリータイム:今までにない状況だ。 結局、試合はサッスオーロが4-3で勝利。

5
対 サッスオーロ ボローニャ

少し心配になるような不用意な飛び出しや軽い対応もなく、集中力も高い状態を維持していた。

対 サッスオーロ ボローニャ

右サイドでボールを受けたハキミがカットインから中央に切れ込み、左足でゴール左へシュートを蹴り込んだ。 昨夏に加入したインテルで、ここまで公式戦63試合で45得点と驚異的なペースでゴールを量産するルカク。

8
対 サッスオーロ ボローニャ

だが、インテルはピッチやそれ以外の面でも彼にとって理想的な環境であるという印象を私は持っている」 「時々チームが選手を進化させるケースがあるが、インテルとルカクはまさにその関係だ。 18 OGは仕方がない 問題はその後集中力が明らかに切れたこと 引用元:. 私は選手たちに才能があるかどうかで判断している」とインテル撃破の要因について語っている。 オフ・ザ・ボールで良い動きをし、正しいタイミングでプレスをかけなければならない:サッスオーロは厳しい状況から抜け出して、ボールを前に運ぶのが上手い。

対 サッスオーロ ボローニャ

イタリア紙がボローニャ冨安健洋を評価「CBとして自信が増した。 もちろんサッスオーロに攻められる時間帯もあったが、ウカシュ・スコルプスキのセーブなどもあって2-1で前半を終えることができた。

8