トッド エマニュエル

トッドはまた、イデオロギーも家族構造に影響されていることを示した。 既に他の人も指摘しているが、や、における左翼の話に通じるものがある。

トッド エマニュエル

経営もしだいに逼迫していくだろう。

トッド エマニュエル

人間や民族はそれぞれ異なっていると見なす。

トッド エマニュエル

米国で中等教育と高等教育が拡充されていったのに対し、欧州では初等教育の先に進む人の数を相変わらず制限し続けていました。 説明があまりに明快で決定的だったため、が失墜しつつある当時にあって、新たな決定論であるとして激しい攻撃を受けることとなった。 これは来年邦訳が出るでしょうな。

9
トッド エマニュエル

などの、、、フランス領に見られる。 その後、人口動態学を基盤にしてさまざまな数字の分析を行い、 ソ連で乳児死亡率が上昇している事実から、ソ連の崩壊を予言した。

トッド エマニュエル

米国大統領選が、世界の政治や経済の流れが変わるきっかけとなることを願います。 Todd, Emmanuel 2003 , 帝国以後 アメリカ・システムの崩壊, 東京: 藤原書店,• 中国との競争に敗れ、産業空洞化が著しい州ほど、死亡率が上昇していたことが示すように、これは、「自由貿易」に大いに関係していました。

3
トッド エマニュエル

不均衡という病 〔フランスの変容 1980-2010〕, エルヴェ・ル・ブラーズ( )共著, , 訳, 2014,• 米国のモデルは、ネイティブ・アメリカンや黒人に対して不平等なものなのですが、白人社会のなかでは、一種の平等主義があったのです。

18
トッド エマニュエル

今回のコロナ禍をうけて、支持者から散々言われてようやく財政支出を増やす方向(需要の創出)に向いてきましたが、ここ20年、ずっと緊縮増税路線が続いてきました。 ドイツの高い乳児死亡率は、社会の硬直性による私生児の増加と、権威主義による育児の否定によるものである。 社会を安定して存続させていくことが国家にとっての正解だとするのなら、格差を拡大し社会を崩壊に導くグローバリズムを激しく支持してきたここ20年は誰もが間違っていたということなのかもしれません。

4