歌詞 祭り の あと

同じ魂の灯をわけあっているからこそ、いっそうこの歌たちは素晴らしいものになっている気がしてならない。 「176. 都市の真上ではほとんどが夜 手のひらにいっぱいの花びらを舞い上げたい 彼女は常識をくつがえす 月明かり浴びて電気みたいな風が 気持ちいい お祭りのあとの あとの祭り 永遠か 夏の終わりのあとの やや肌寒い 夜のあとさき 天空の都市は聖なる夜 初めて傷つくなら君がいい空気 誰にも内緒で繰り返す 英語の愛の言葉 筒抜けになってる 気持ち悪い お祭りのあとの あとの祭り 永遠か 夏の終わりのあとの やや肌寒い 夜のあとさき 解けない呪いは 太陽のシーズンのシャドウ 手つかずの海へ沈みたい 天空の都市は静かな夜 手のひらにいっぱいの花びらを舞い上げて 素敵な絆は涙になる 初めて傷つくなら君がいい空気 気持ち悪い お祭りのあとの あとの祭り 永遠か 夏の終わりのあとの やや肌寒い 夜の あの お祭りのあとの あとの祭り ROUND AND ROUND 夏の終わりのあとの やや肌寒い 夜のあとさき. さて、詩人吉野弘氏に借りた「慰安」だが、後に浜田省吾が「愛の世代の前に」の歌詞で「慰安」と言う言葉を使っていたのがずっと気になっていた。 雪の日に 吉野弘 雪がはげしく ふりつづける 雪の白さを こらえながら 欺き(あざむき)やすい 雪の白さ 誰もが信じる 雪の白さ 信じられている雪は せつない どこに 純白な心など あろう どこに 汚れぬ雪など あろう 雪がはげしく ふりつづける うわべの白さで 輝きながら うわべの白さを こらえながら 雪は 汚れぬものとして いつまでも白いものとして 空の高みに生まれたのだ その悲しみを どうふらそう 雪はひとたび ふりはじめると あとからあとから ふりつづく 雪の汚れを かくすため 純白を 花びらのように かさねていって あとからあとから かさねていって 雪の汚れを かくすのだ 雪がはげしく ふりつづける 雪はおのれを どうしたら 欺かないで 生きられるだろう それが もはや みずからの手に負えなくなってしまったかの ように 雪ははげしく ふりつづける 雪の上に 雪が その上から 雪が たとえようのない 重さで 音もなく かさなってゆく かさねられてゆく かさなってゆく かさねられてゆく せっかくです。

歌詞 祭り の あと

ほぼ同時期に、拓郎は父親を、岡本氏は母親を亡くし、二人とも悲嘆の中にいた。

19
歌詞 祭り の あと

都市の真上ではほとんどが夜 手のひらにいっぱい花びらを舞い上げたい 彼女は常識をくつがえす 月明かり浴びて電気みたいな風が気持ちいい お祭りのあとのあとの祭り永遠か 夏の終わりのあとのやや肌寒い夜の後先 天空の都市は聖なる夜 初めて傷つくなら君がいい空気 誰にも内緒でくりかえす 英語の愛の言葉筒抜けになってる 気持ち悪い お祭りのあとのあとの祭り永遠か 夏の終わりのあとのやや肌寒い夜の後先 解けない呪いは太陽のシーズンのシャドウ てつかずの海へ沈みたい 天空の都市は静かな夜 手のひらにいっぱいの花びらを舞い上げて 素敵な絆は涙になる 初めて傷つくならキミがいい空気・・・気持ち悪い お祭りのあとのあとの祭り永遠か 夏の終わりのあとのやや肌寒い夜の あの祭りのあとのあとの祭りROUND ROUND 夏の終わりのあとのやや肌寒い夜の後先 以上です。 この話からすると岡本氏にとって「祭り」とは、弔いであり、もしかすると御母堂の人生そのもののことを指すのかもしれない。

7
歌詞 祭り の あと

情けない男で御免よ 愚にもつかない俺だけど 涙をふいて 嗚呼 夜汽車に揺られながら 飾らないお前に惚れたよ いつも泣かせてたはずなのに 好きだヨなんて もう 言葉に出来ない 恋も涙も純情も 生きるためには捨てよう 今日も汚れた人ごみに背中丸めて隠れてる 眠れない街に 愛する女性 ひと がいる お前だけが死ぬほど好きさ 秋風の Shadow 終わらない夏に 誰かとめぐり逢う 夢の中で彷徨いながら 涙も枯れ果てた それとなくあの娘 こ に聞いたよ 誰が大事な男性 ひと なのか 心の中じゃ 嗚呼 無理だと知りながら フラれてもくじけちゃ駄目だよ こんなしがない世の中で 振り向くたびに もう 若くはないさと 野暮でイナたい人生を 照れることなく語ろう 悪さしながら男なら 粋で優しい馬鹿でいろ 底無しの海に 沈めた愛もある 酔い潰れて夜更けに独り 月明かりの Window 悲しみの果てに おぼえた歌もある 胸に残る祭りのあとで 花火は燃え尽きた 眠れない街に 愛する女性がいる お前だけが死ぬほど好きさ 秋風の Shadow 終わらない夏に 誰かとめぐり逢う 夢の中で彷徨いながら 涙も枯れ果てた. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 そして最後のエンディングの青山徹のギターが超絶である。 吉田拓郎さん『祭りのあと』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

19
歌詞 祭り の あと

All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 日々を慰安が 吉野弘 さみしい心の人に風が吹く さみしい心の人が枯れる W. 間接的ではあるが、その言葉の魂に救われた一人の末裔として、ご冥福をお祈りさせていただきたい。 恋すれど泣き濡れて もう一度逢いたくて 祭りの後僕は独り星を追いかけ深い森の奥へ奥へと 怖さよりも好奇心が友達より夢見がちな 昨日までの雨のせいで道はまだ泥濘み泥だらけになってた 靴を綺麗と思った 真っ白よりカッコ良い気がしてたんだ やがて誰も皆大人になる時に何故に 明日ばかり気にして今日を生きようとしないのだろう? 恋すれど泣き濡れて もう一度逢いたくて 夢見れど遥か彼方 今はまだ名前のない星の様に誰も知らない僕ら 「君は大きくなったら何になるの?」 いつかこの自由で清らかな日々を 無償で穏やかな愛情 あい を懐かしがる日が来るのかな? 哀しみは分け合って 喜びは君への贈り物 少しずつ登る階段 ふみしめて強く 誇り高く自分らしく歩いてく僕ら 歩いてく僕ら. イエーツ 日々を慰安が 吹き荒れる。

20
歌詞 祭り の あと

そればかりか吉野弘さんの承諾を得て、吉野弘氏の詩「雪の日」をアルバムに掲載し、そこからインスパイアされたあの名曲「悲しみは雪のように」を書き起こしたのだった。 慰安が さみしい心の人に吹く。

6
歌詞 祭り の あと

さみしい心の人が枯れる。

2