糸 小川 わ の と 庭

そのすみれちゃんが最期を迎え、インコのリボンはどんな行動をするのでしょうか。

糸 小川 わ の と 庭

暗い淵のなかに身を沈めて仰ぎ見る、透き通った光。 『旅ごはん』 MOE BOOKS 白泉社, 2020. 「とわは、お母さんにとってえいえんの愛だから、とわって名前にしたのよ。 けれど、そんな日常生活が脅かされるという非常事態を経験すると、つまらない日常がどんなに愛おしいものかに気づかされた。

10
糸 小川 わ の と 庭

その声は、温もりに満ちた洞窟の奥から響いてくる。 人って死にたくなることってたくさんあると思うんですけど、とにかくやっぱり生き続ける、生き抜くってことの先に必ず光があるんだっていうことを本当に強く感じた。

20
糸 小川 わ の と 庭

『さようなら、私』(2013年2月 )• 小川糸さん 小川糸・エッセイ「物語に救われる 『とわの庭のこと』(1)」 2008年、10年以上に及ぶ執筆活動の末、小説家を諦める覚悟で執筆した小説『食堂かたつむり』でデビューした小川糸さん。 オットさんが短い方の針なら、長い方の針はクロウタドリだった。

15
糸 小川 わ の と 庭

そんな小川さんにインタビュー。 前半は、母が形作る美しいけれど外界から遮断された世界の中で、母娘2人だけで生きる幼いとわの物語だ。 待望の長篇小説。

1
糸 小川 わ の と 庭

大分県在住。 「ぬめぬめ」も、簡単だった。

11
糸 小川 わ の と 庭

著書に小説『食堂かたつむり』『喋々喃々』『ファミリーツリー』『つるかめ助産院』『リボン』『にじいろガーデン』『サーカスの夜に』『ツバキ文具店』、『ライオンのおやつ』、絵本『まどれーぬちゃんとまほうのおかし』、エッセイ『ようこそ、ちきゅう食堂へ』『こんな夜は』『たそがれビール』『犬とペンギンと私』『旅ごはん』などがある。

糸 小川 わ の と 庭

本来の予定では、日本には五月の後半に戻るつもりでいた。 日記エッセイ• 母親に置き去りにされた盲目の少女、とわ。

13
糸 小川 わ の と 庭

電話は、オットさんからかかってくる以外は鳴らなかった。 でも、人の数だけ死はあるわけで、人生をどう終えるかは誰にとっても大切なテーマであるはず。 2008年『食堂かたつむり』でデビュー。