技研 片平 新 日本

そして、世の中の動きに関心を持ち 新しいことにチャレンジしていける人。 中期経営計画では毎年5%増としていますが、社長としては3年間で売上50億円を目標にしています。 Tagalog タガログ語• 世の中にないものを、下請けではなく 国とのパートナーとして送り出してきたという自負があります。

10
技研 片平 新 日本

ふたつめは、まちづくり部署の新設です。

15
技研 片平 新 日本

『交通』の部署を社内に設け、道路保全を行うにしても 「どのような迂回路が考えられるのか」までのソフトをセットで提案できるのは 私たちにしかできないと思っています。

10
技研 片平 新 日本

新設橋では、国土交通省中国地方整備局山口河川国道事務所の小瀬川橋(岩国大竹道路)、同福山河川国道事務所の内畠高架橋(木原道路)などの詳細設計を行っています。 最近では、グループ会社である片平エンジニアリングインターナショナル(KEI)との連携強化で海外での建設コンサルタント業務も着実に伸びています。

3
技研 片平 新 日本

両社が一緒になることはそうした業務を受注するチャンスが増えることにほかなりません。 1 ;box-shadow:0 2px 8px rgba 0,0,0,. 海外では片平エンジニアリング・インターナショナルと連携して受注を伸ばす。 道路と橋梁の分野にそれぞれ強みを持つ専門コンサルタント会社の統合によって、「交通インフラ総合コンサルタント」が誕生する。

14
技研 片平 新 日本

今後は、仙台や広島など片平エンジニアリングが有していなかった拠点も増えますし、相乗効果も期待できますから売上増を期待しています。 また有給休暇取得計画の立案と実行を行うほか、育児期(あるいは要介護を家族にもつ)社員が働きやすいように時短勤務など柔軟な就労スタイルにも取り組みます。

13
技研 片平 新 日本

(左)旧片平エンジニアリングの売上推移 (右)旧新日本技研の売上推移 両社合わせたセグメント別売上では調査・設計部門が約12. 05 ;box-shadow:0 2px 6px 0 rgba 0,0,0,. 当社は、20年から30年先をにらんだ長期経営計画を策定し、「革新し続ける企業」「チャレンジし続ける企業グループ」「地域に貢献する企業」「社員がやりがいを感じる企業」「収益性の高い企業」を目指し、しっかりとしたかじ取りを行って、歩み出します。

技研 片平 新 日本

現在は、さがみ野駅の駅前周辺整備の依頼が来ています。 最先端のICT・IoT技術を駆使し、老朽化が進む道路、トンネル、橋梁等のインフラ施設の調査、点検、補修設計、維持管理計画などを通して、道路の長寿命化に貢献しています。 国家資格をしっかり取得できるよう、育てる環境を万全に整えています。

18