自動車 いすゞ

変わって副社長の細井行(ほそい すすむ)が社長に昇格する人事を発表。 これに伴い、車名をウーズレーから「 スミダ」に変更。 11月 大型路線バスで同一箇所の再案件が発生したにもかかわらず、への報告を怠っていたことが指摘され、国土交通省はいすゞ自動車に対し警告書を交付した。

自動車 いすゞ

(ディーゼルエンジン製造) 国内販売• 商用車• 複雑な関係であるが、実質的にはダット自動車のトラック・バス製造部門が石川島自動車製造所に合流した形となる。 この車のエアアウトレット(室内気の排出口)は、ボティとリアウィンドウ上端の境目に内蔵されたスマートなものであるが、逆流防止弁は省略されており、洗車の際など、この部分への直接放水は、内部に水が浸入するため禁止されていた。 少量限定生産車であったことから、一般に「ハンドメイド・モデル」「ハンドメイド117」と通称される初期形である。

8
自動車 いすゞ

樹脂リフトゲートの採用や高張力鋼板の採用拡大、合理的な結構で軽量かつ強固な車体構造を実現した。 世界のメーカー(1960年代前半)• t)をつけてください。 太平洋は・など、大型ディーゼル自動車の生産で日本を代表するメーカーとなった。

自動車 いすゞ

ラジオ [ ]• 8月 川崎製造所での生産第1号車として、が完成。 乗用車事業からの撤退後 [ ]• 1956年(昭和31年)に、に基づく事業内職業訓練所(川崎本校、鶴見・末吉・大森分校)の認定を受ける。

3
自動車 いすゞ

台湾五十鈴汽車工業股份有限公司• 特筆すべき項目として、1980年代後半に製作された2代目のCMが挙げられる。

自動車 いすゞ

(船舶)• (平成5年)には とを除くの自社開発・生産から撤退し、日本国内では(ホンダ)などから供給を受けて販売を続けた。 これにより川崎工場は拡張され、バス・トラックなど大型車生産の中心拠点となる。

7