テイクアウト うな重

メニュー例• やはり食は幸せを運んでくれる いつもは敷居が高い鰻さまですが、ちょっと奮発して幸せタイムを満喫できました。

10
テイクアウト うな重

藍屋はうなぎにあまりタレがつけられておらず、とんでんはうなぎの上にタレが見えた。 藤崎でも販売しています。

3
テイクアウト うな重

土用の丑の日を前にスーパーや飲食店でも「うな重」や「うな丼」をアピールするところが増えてきた。 ) この機会に是非、ご利用下さいませ。

20
テイクアウト うな重

丼の上に乗せる具材のアレンジ力は3店舗のなかでも1番だと思うのだが、ノーマルなうな丼には並盛の「うな丼」(790円)とうなぎ2枚の特盛「特うな丼」(1280円)を用意、またうなぎにとろろをかけた「うなとろ丼」(890円)や半熟玉子をかけた「うなたま丼」(870円)もある。 今回は牛丼チェーンに続き、和食チェーンの「うな重」をチェックしてみた。 メニュー例• 藍屋もとんでんも、値段的には安いところで「梅」の価格だろうが、大きさはお得感がある。

2
テイクアウト うな重

ただし、これが本当にうなぎ専門店と同等の味かというと、そうはいかないだろう。

16
テイクアウト うな重

候補は「藍屋」と「とんでん」だ。