基準 施設 厚生 局

五十六 イマチニブ経口投与及びペムブロリズマブ静脈内投与の併用療法 進行期悪性黒色腫(KIT遺伝子変異を有するものであって、従来の治療法に抵抗性を有するものに限る。 5 「注3」に規定する「造影剤を使用した場合」とは、静脈内注射等により造影剤使用撮影を行った場合をいう。 経済課• イ 対象となる負傷、疾病又はそれらの症状 ゴーシェ病• 一 高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術• 2020年4月16日閲覧。

18
基準 施設 厚生 局

監督課• 〔5〕 病床を有していること。 の向上及び増進(40号)• イ 対象となる負傷、疾病又はそれらの症状 前立腺がんが疑われるもの(超音波により病変の確認が困難なものに限る。

基準 施設 厚生 局

(省令第474条別表第3)• 三十二 ヒドロキシクロロキン療法 関節リウマチ(既存の合成抗リウマチ薬による治療でDAS28が二・六未満を達成できないものに限る。

8
基準 施設 厚生 局

〔5〕 病床を有していること。 医務技監:• 〔15〕 腹腔鏡下胃切除術が一年間に合わせて二十例以上実施されていること。

13
基準 施設 厚生 局

〔4〕 当該療養について、当該療養を主として実施する医師として症例を実施していること。 以下同じ。 〔1〕 専ら放射線科に従事し、当該診療科について十年以上の経験を有すること。

基準 施設 厚生 局

うち、中央労働委員会は97人(うち女性20人)となっている。

4