サイズ フィット シャトル タイヤ

車高を下げたいからとタイヤを小さくすると、確かに車高は下がりますがホイールアーチとの隙間も大きくなりますので、見かたによっては格好が悪くなります。

5
サイズ フィット シャトル タイヤ

そして何より広くなっているのがラゲッジルームの奥行きで、フィットの680mmに対してシャトルは1,020mmと大幅にラゲッジルームの奥行きが広くなっています。

サイズ フィット シャトル タイヤ

中古の型式だと、一番市場に出回っているフィットになります。 シャトルはフィットシャトルの2代目に当たる車ですが、そのベースとなっているのは2代目フィットハイブリッド(フィットとしては3代目)となっています。 なおラゲッジスペースに関してはシエンタの荷室の奥行きは非常に短く、室内長を優先してラゲッジスペースは必要最小限となっています。

4
サイズ フィット シャトル タイヤ

まとめ いかがでしたか?コンパクトカーのフィットのタイヤサイズは、小さめになっています。 すぐにタイヤ交換が必要になっている場合は、お店でしてもらう方法が最速です。 つまりシャトルはフィットをベースとしてはいるものの、その全長拡大は乗員スペースには割かれていないことがわかります。

4
サイズ フィット シャトル タイヤ

また、タイヤサイズも他のグレードとは異なります。 乗り心地がよくなるメリット インチアップした時とは反対に、ホイールサイズが小さくなるとタイヤ幅は大きくなり、 偏平率は高くなります。

3
サイズ フィット シャトル タイヤ

逆にタイヤを大きくすると車高を上げることはできますが、ホイールアーチと干渉するなど物理的に入らない場合があります。 そして、タイヤの外径が変わると速度メーターに誤差が発生するので、著しく誤差の出ない、 既定の範囲内のタイヤサイズであること。

15