施設 公 の

大阪狭山市 11• 周知度が低いため、もっと議論が必要(パブコメ、アンケートの方法に問題) 15 広報なごややホームページで広報するとともに、美術館などの施設にも冊子を配布するなど、周知に努めてまいりました。 経費 経費負担基礎は光熱水費のみで人件費は含むべきでない 6 人件費も含めた管理運営費を基礎に、施設の性格などに応じ負担割合を定めることとします。

施設 公 の

和泉橋本 40• 帝塚山 20• 天見 7• 大阪市淀川区 38• 3 普通地方公共団体の長及び前項に規定する機関以外の機関がした公の施設を利用する権利に関する処分についての審査請求は、普通地方公共団体の長が処分庁の直近上級行政庁でない場合においても、当該普通地方公共団体の長に対してするものとする。 このページの作成所属. 南田辺 41• )に対する裁決に不服がある者は、都道府県知事がした裁決については総務大臣、市町村長がした裁決については都道府県知事に再審査請求をすることができる。 今池 12. 子ども減免 引き下げ 1 基準案が理解されたものと考えます。

施設 公 の

2 普通地方公共団体は、他の普通地方公共団体との協議により、当該他の普通地方公共団体の公の施設を自己の住民の利用に供させることができる。 )を設けるものとする。

施設 公 の

4.指定管理者の指定について 指定管理者の指定の手続については、地方自治法第244条の2第4項の規定により条例で定めることとされており、公の施設の設置の目的を効果的に達成するため、指定管理者の選定に当たっては、可能な限り複数の者の中から当該公の施設を適正かつ効率的に管理できる者を選定する必要があります。 高齢者減免 65歳以上のプール無料の現状が不思議(高額所得者もいる) 2 基準案が理解されたものと考えます。

15
施設 公 の

百舌鳥 44•。 この場合においては、異議申立てをすることもできる。

5
施設 公 の

泉佐野 36• 公の施設()• 大阪市西区 14• また、個別施設の状況を考慮して定期券の発行など利用者増加策を検討していきたい。 これは、地方自治法第244条第2項及び第3項において、住民の平等利用の確保や差別的取扱いの禁止が指定管理者に対しても直接義務付けられ、また、地方公共団体は、指定管理者が住民の平等利用を確保していないと認める場合、指定管理者に対し必要な指示や指定の取消し等を行うことができることから、指定管理者が具体的な使用許可を行うこととされても、住民の平等利用の要請は十分確保できると考えられたものです。