分科 会 審 社保 介護 費 給付

2020年10月02日• 2017年08月07日• 武久洋三委員(日本慢性期医療協会会長)は、利用者の立場から見れば算定率が低くてもメリットの高い加算もあると指摘し、廃止を論ずる前に算定を促進する策を講じるべきではないかとの見解を示した。

分科 会 審 社保 介護 費 給付

2.その他• 情勢を共通理解し、コミュニティケアの発展に向けて、一丸となった取り組みが必要です。 『社保審-介護給付費分科会』より 第106回(2014年8月27日開催)の資料から、ポイントとなる点を抜粋して問題提起します。

8
分科 会 審 社保 介護 費 給付

さらに将来的には、すべての介護事業所・施設において「ACP実施」が求められる(運営基準などに明示される)状況になっていくと考えられ、今から取り組んでいくことが重要でしょう。 2.介護分野の文書に係る負担軽減について(報告)• 10月30日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会では、こういった議論も行われました。

2
分科 会 審 社保 介護 費 給付

掲載日• 3.その他• 2017年10月30日• 第194回 2020年11月26日 (令和2年11月26日) 1.令和3年度介護報酬改定に向けて (1)各サービス (居宅介護支援、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設) (2)横断的事項 (感染症や災害への対応力強化、地域包括ケアシステムの推進、自立支援・重度化防止の推進、介護人材の確保・介護現場の革新、制度の安定性・持続可能性の確保、その他) 2.その他 -• 利用者・家族・ケアマネが、自身の希望にマッチしたサービス事業所・施設を探しやすくすることを目指すもので、ここに「BPSD対応状況(研修受講状況など)」を掲載することで「BPSDへの対応が可能なサービス事業所はどこか」が分かりやすくなります。 19年度の介護報酬改定では、勤続年数10年以上の介護福祉士について月額平均8万円相当の処遇改善を行うことを算定根拠に公費1000億円を投じ、「介護職員等特定処遇改善加算」(以下、「特定処遇改善加算」)が新設された。

9
分科 会 審 社保 介護 費 給付

第189回 2020年10月22日 (令和2年10月22日) 1.令和3年度介護報酬改定に向けて (訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導) 2.その他• ACPガイドラインの概要(介護給付費分科会(2)2 201105) 詳細は今後の「詰めの議論」を待つ必要がありますが、【看取り加算】や【ターミナルケア加算】などの要件に「ACP実施」が盛り込まれる可能性が高いと考えられます。

2
分科 会 審 社保 介護 費 給付

地方自治体の強い要望と、委員からの強い反対意見を踏まえ、厚労省はどう判断するのかが注目されます。 2019年03月06日• 《総合福祉事業への転換》 私たちが掲げる「生きがい・福祉・仕事おこし」の原点に立ち返って、今こそ「総合福祉事業」へ転換する時だと感じています。

分科 会 審 社保 介護 費 給付

- 第173回 2019年12月12日 (令和元年12月12日)• 1.平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和元年度調査)の調査票等について• 「効果の薄いリハビリを、軽度者に対して漫然と長期間にわたり継続している」可能性が指摘されていると言えます。

17